投稿へ 戻る

金華山(宮城県・南三陸)

/ 観光旅行 / 宮城県
  • Currently 3/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 3/5 (1 votes cast)


コメント :投稿数 (6)

金運アップ!?金華山・黄金山神社の宿坊

宮城県の沖合いに浮かぶ島・金華山にある黄金山(こがねやま)神社は古来より「3年続けてお参りすれば一生お金に困らない」という言い伝えから、多くの参拝者が訪れるパワースポットです。

今回ご紹介するのは神社内の宿泊施設(宿坊)「参集殿(鳳龍殿)」。神が住むと言われる島に泊まるという貴重な体験はもちろん、牡鹿半島の美しい景色・新鮮な海の幸・宿泊者ならではの朝一番のご祈祷といった、魅力がいっぱいのお宿です。

https://www.oricon.co.jp/article/412351/

(投稿者 Anonymous さん : 2018年03月04日)

迫力シカの角切り 石巻・金華山

 宮城県石巻市の離島・金華山の鹿山公園で6日、秋の恒例行事のシカの角切りがあった。駆け回る雄シカを勢子(せこ)が果敢に捕らえる様子に、訪れた観客約500人からは大きな拍手が送られた。
 勢子を務めたのは同市の鹿友華角(ろくゆうかすみ)会のメンバーら約20人。角切り場にシカの群れを放ち、赤い旗をつけた竹棒を振って追い立てた。
 逃げるシカの角に勢子が投げ縄を絡ませると、見物客から歓声が上がった。数人がかりで取り押さえられたシカは、神職にのこぎりで角を切り落とされた後、野山に戻された。

(投稿者 づんつぁマン さん : 2013年10月07日)

金華山の定期航路が再開

東日本大震災で大きな被害を受けた石巻市の沖合の島、「金華山」へ向かう船の定期航路が、震災から2年あまりを経て運航を再開しました。運航を再開したのは、女川港と金華山を結ぶ定期航路で、3日は出港に先立ちセレモニーが行われました。


鮎川の浮桟橋、使用開始 金華山へ2年ぶり中型船

 石巻市の離島・金華山と鮎川港を結ぶ中型船の運航が2日、2年ぶりに再開した。金華山航路事業協同組合は安全祈願祭を開き、岸壁に無償設置された浮桟橋のオープニングセレモニーも行われた。

http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2013/05/20130503t13006.htm

(投稿者 阿仁の鱒 さん : 2013年05月03日)

牡鹿半島のシカ、年間捕獲1500頭に 農林業と生活に被害

予想上回る繁殖力

 牡鹿半島(石巻市、女川町)に生息するニホンジカの年間捕獲頭数が平成22年度から大幅に増えることになった。人とシカの共存を図るために設定した24年度末の目標生息数千頭以下を達成するためで、これまで千頭だった年間捕獲頭数を一挙に5割も多い1500頭にすることになった。

 牡鹿半島のニホンジカは生息数の増加で、地元の農林業に大きな被害を与え、交通事故など生活環境の悪化を招いてきた。

(投稿者 ウラジーミル さん : 2010年09月10日)

鹿は、鹿せんべい(黄金山神社の境内の売店などで販売)を見せない限りは、限りなくおとなしい。ただし、見せたら最後。
しつこく迫ってきます。
山は、半分ぐらいはごつごつした岩に覆われているので、やはりハイキング・シューズ・レベル以上のものをはいていったほうがいいと思います。

(投稿者 R.A. さん : 2006年03月27日)

鹿が結構危険。岸壁にウニがウジャウジャ。船は高速船と観光船があるので、モーターボートが苦手な人は気をつけたほうがよいと思います。(高速船は6人くらい乗れるモーターボートです)

(投稿者 mu-mu- さん : 2006年02月22日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help




トラックバック

» 温泉とは関係ない話で・・・ from あつあつ東北温泉掲示板
旅行したくて検索していたらこのサイトにたどり着きました。温泉とは関係ないんですけど、近々金華山に行こうと思ってます。で、女川港と鮎川港から船が出てるような...
 (トラックバック時刻: 2007年03月09日 15:13)


現在トラックバックは受け付けておりません



(C) 東北の旅ログ