投稿へ 戻る

一目千本桜(大河原・船岡)

/ 観光旅行
  • Currently 3.5/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 3.5/5 (2 votes cast)


コメント :投稿数 (10)

川沿い8km,1200本ということです。

(投稿者 ぞう さん : 2019年05月05日)

<陸自船岡駐屯地>桜1000本お出迎え 7、8日の一般開放で満開の見込み

 宮城県柴田町の陸上自衛隊船岡駐屯地で、桜が見頃を迎えた。花見を楽しんでもらおうと、駐屯地は7、8日に一般開放される。

 ソメイヨシノを中心とした桜約1000本が八分咲きとなった。週末には満開となる見込み。駐屯地の桜は、町内の船岡城址公園、白石川沿い、保養施設「太陽の村」と並び「柴田の四大桜」と呼ばれる。

 一般開放は7日が午前9時~午後8時、8日は午前9時~午後3時。8日は駐屯地創立59周年の記念行事があり、戦車や水陸両用の水際地雷敷設車の試乗体験、自衛隊車両の行進、模擬訓練がある。

(投稿者 Anonymous さん : 2018年04月05日)

「一目一本桜、見に行ってきました」

とNHKの新人お天気キャスターさんが発してしまって、そりゃもう、宮城県中にどっと笑いが‥。

笑いを、どうもありがとう。ドンマイ。バラしてスマン!

(投稿者 ぞう さん : 2016年04月11日)

<一目千本桜>フレーム切手きょう発売

 さくら名所百選の地に選ばれている大河原、柴田両町の一目千本桜と船岡城址公園の桜を題材にしたオリジナルフレーム切手が1日、県内の全郵便局361カ所で発売される。
 昨年完成のしばた千桜橋とライトアップした夜桜や、蔵王連峰と写した桜並木、両町のキャラクターなどを描いた。82円切手10枚が印字され、1部1230円。全局で計3000部を用意する。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年04月01日)

<桜まつり>駐車場代2倍に「高すぎる」

 20万人以上の花見客でにぎわう大河原町の「おおがわら桜まつり」で、河川敷駐車場の料金が2倍の1台1000円となることが5日、分かった。主催する実行委は「経費がかさんでいる」と理解を求めるが、地元からは早くも「高すぎる」との声が出ている。

 実行委事務局の町商工会によると、値上げは2月の会合で決定。大型バスは2000円上げ、1台4000円とした。白石川の屋形船も500円引き上げ、1人1500円とする。商工会の担当者は「警備などに必要な費用が年々増えているため」と説明する。

 花見会場に近い大河原小中の校庭や役場駐車場は無料を維持する。桜の名所で知られる隣の柴田町の船岡城址公園近くの駐車場も1台500円で変わらない。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年03月06日)

28日はソメイヨシノの苗木130本が堤防沿いおよそ2キロにわたって植えられました。
サクラは順調に育てば来年には花を咲かせるということです。

(投稿者 Anonymous さん : 2015年03月01日)

桜の名所柴田、連絡橋・3月完成予定

 桜の名所として知られる柴田町の船岡城址公園と白石川沿いの一目千本桜を結ぶ歩道橋「さくら連絡橋」(仮称)の建設工事が大詰めを迎えている。桜の開花直前の来年3月29日に開通式を開く予定で、町関係者は「橋からの景色を多くの人に楽しんでほしい」と完成を心待ちにする。

(投稿者 Anonymous さん : 2014年12月26日)

一目千本桜、最多51万人 大河原・柴田の花見客

 一目千本桜で知られる宮城県大河原、柴田両町を訪れた今春の花見客が過去最高の計約51万人に上ったことが、両町のまとめで分かった。

 両町は4月10~25日、白石川沿いなどで桜まつりをそれぞれ開催。期間中の人出は、大河原が26万3000人(前年比3000人増)、柴田が24万8000人(1万3000人増)で、ともに過去最多だった前年をさらに上回った。

(投稿者 Anonymous さん : 2014年05月18日)

一目千本桜 1000人で清掃

「一目千本桜」と呼ばれる白石川沿いの桜並木をきれいにしようと、大河原町で清掃活動が行われました。
大河原町や柴田町を流れる白石川沿いの桜並木は「一目千本桜」と呼ばれる桜の名所となっていて、毎年およそ25万人の観光客が訪れています。

大河原町と柴田町では来月10日から桜まつりを開く予定で、夜桜のライトアップなどが行われるということです。

(投稿者 づんつぁマン さん : 2014年03月15日)

お花見弁当:“花よりお弁当” 名所・大河原で品評会

 大河原町商工会(八重樫国光会長)と町観光物産協会(鈴木孝房会長)は19日、花見シーズンを前に「一目千本桜」で知られる桜の名所・大河原に多くの観光客を誘致しようと、地域食材を使ったオリジナル弁当「お花見弁当」の品評会を開いた。

 「お花見弁当」の販売を通して地域の新たな魅力を発信し、地域活性化と町内飲食業者の振興発展につなげる狙い。昨年の花見シーズンには約25万人の花見客が訪れ、約3500個の弁当が販売され、好評だったという。

(投稿者 ウラジーミル さん : 2011年01月20日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help




トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません



(C) 東北の旅ログ