名物に旨いものあり
沖縄の名物
泡盛 を実飲
泡盛
あわもり 10年古酒 忠孝
Home > 沖縄の名物
/ クチコミ
忠孝酒造(株)
沖縄県豊見城市字名嘉地132番地

原材料:米こうじ、インド種の米、黒麹菌
アルコール度数43度
容量400ml

従来、古酒が51%以上入っていれば貯蔵年数に応じて三年、五年、十年古酒と表記できたが、2004年6月からは100%古酒でなければ、年数を表記できなくなった。ブレンドした場合は、ブレンド比率を明記しなければならないことも。
旨い

泡盛

(沖縄)

 泡盛は本州にいると、とんと飲む機会に恵まれないもの。まあだいたいは九州の焼酎止まりで、なかなか沖縄までは南下できないでいたり‥。で、最近、沖縄を旅する機会に恵まれ、やっとお目にかかれた泡盛なのである。

 ちなみに、泡盛は黒麹菌を用い、米麹だけで発酵させた蒸留酒。最近の研究では「血栓溶解酵素」が豊富に(ワインの約1.5倍)含まれているとか。それで、3年以上貯蔵したものを古酒(クース)といい、瓶に詰めたままでも熟成が続くそうなので、買い置きするのも面白いかも。‥飲まずに置いておければ、だけどね~。


 とある沖縄のホテルでバーベキューを食べながらオリオンビールを飲んでいたところ、隣の席で透明の液体を旨そうに飲んでいる人がいるではないか~。で、メニューを見ると「泡盛」の文字がクローズアップ‥。

 早速、泡盛の水割りを頼んでみたら、これがなんだか旨い。麦焼酎は香りが少ないので梅割りとか、味を付けて飲む人も多いと思うが、この泡盛は麦焼酎のように香りが少ないのだが、そのまま水割り等で飲むのが普通らしく‥。なんというか、まろやかな味わいというか、奥深い香りがするのであって‥。

 そしてお土産に「10年古酒」と「5年古酒」を買ってみたが、やはり10年古酒の方が旨かった。比べてみれば、5年古酒の方は、銘柄にもよるだろうけど混じりけがある感じだが、10年古酒はピュアな感じがした。まあ10年古酒は高価なのが難点だけど、また飲みたくなる魅力があるのさ~。
©名物に旨いものあり , 19rw , Update:2019/10/20