ホーム
奈良の名物
陀羅尼助飴 を実食
陀羅尼助飴
味覚糖 陀羅尼助飴
Home > 奈良の名物
/ クチコミ
味覚糖㈱奈良工場
奈良県大和郡山市今国府町137-5

名称:キャンディ
内容量:80g(約70粒)
原材料:黒糖、水飴、砂糖、植物油脂、ケイヒ、ドロマイト、キハダの実(奈良県産)、エンメイソウ、ハーブエキス/甘味料(ソルビトール)、香料、植物炭末色素、乳化剤

賞味期限:届いた時点で約1年9か月

保存方法:直射日光・高温多湿を避けて保存
旨い

陀羅尼助飴

(奈良)

 聞くところによると、奈良県は薬の製造販売が盛んな地だという。で、そんな奈良県内の、どこの家にも置いてあるのが漢方薬の「陀羅尼助(だらにすけ)」。して、それは胃腸のどんな病気にも効く、万能薬なんだそう。と、そこに目をつけたのがUHA味覚糖。それを飴に変身させて売り出したのさ~。

 ちなみに、陀羅尼助は「藤井利三郎薬房」が製造している和漢薬で、原料にキハダの実を使ったもの。それで、キハダは強い抗菌作用を持つといわれており、チフス、コレラ、赤痢などの病原菌に対して効能があると。そしてまた、健胃整腸剤としても用いられ、転じてこの陀羅尼助にもなったのである。そして今回の逸品は、藤井利三郎薬房とUHA味覚糖との合作であるぞよ~。

 ‥現在、地域限定販売であるそうだが、ネットにてお取り寄せ。


 その金色のパッケージが、何やら神々しい。と、中から取り出したる飴は大豆ほどの大きさで、黒く怪しい輝きを放つ代物。して、それはハッカ系の香りがあり、また漢方系の匂いも若干あるような‥。それから舐めてみると、ふむ、まあ匂いと同じ感じかな~。で、一番近いのは黒飴だけど~。それと、小さいので案外すぐに消えてゆくぞよ~。

 いちおう、胃がムカついていたので食べてみたわけであるが、効果は微妙。たぶん、そういう薬的なものじゃないみたい。そんな説明書きも無いし‥。まあ、胃が悪いなら薬を直接飲めってことよ~。と、そんなことを考えているうち、なんだか少し胃の調子が良くなってきたような‥。おそらく、予防に良いのかも~と、都合よく考えてしまうあるよ。
©名物に旨いものあり , 最終更新日:2019/11/30