ホーム
静岡の名物
静岡おでん を実食
静岡おでん
八千代の静岡おでん
Home > 静岡の名物
/ クチコミ
製造者:真富士屋食品㈱
静岡県静岡市駿河区中野新田123

品名:おでん
原材料〔魚肉ねり製品(ごぼう天、黒はんぺん、焼ちくわ)、大根、じゃがいも、たまご、こんにゃく、昆布〕
おでん汁〔チキンブイヨン、しょうゆ、砂糖、食塩、調味料(アミノ酸等)〕
水酸化カルシウム(こんにゃく用凝固剤)、風味かやく(さばぶし、アオサ)、(原材料の一部に大豆、小麦を含む)

賞味期限:届いた時点で約4ヵ月半弱

保存方法:直射日光を避けて保存
旨い

静岡おでん

(静岡)

 静岡に”ご当地おでん”があると知った。それはなんでも黒はんぺんが入っており、また節系の”ふりかけ”をかけて食べるそうな。ふ~ん、節系ふりかけをかけるところは、なんだか同県の富士宮焼きそばと似ているね~。

 と、そういえば、自分は「おでん」でご飯が食べられない。察するに「おでん」は「おでん」だけで食べるように味付けされていて、それにご飯を加えると味が薄くなり、ご飯のおかずにはならないと感じるのだ。ちなみに、自分にとってはシチューも同類なのである。‥が、家人はどちらも大丈夫、おかずにできると言っている。んー、おそらく、自分はしょっぱい物好きなのだろう。


 さて、加熱して出来上がった「おでん」に、添付の”ふりかけ”(風味かやく)をかけてみると、その”ふりかけ”の量が半端ではない。まあ、適量をかけるべきなのだろうが、全部かけたいのが人のサガ、‥貧乏性。

 それからスープを飲んでみたら、ほほう、魚ダシの香りが凄くするぞ~。んー、こりゃその”ふりかけ”のおかげだな~。して、ピンク色の焼きちくわ、ごぼう天(色付き生地に刻みゴボウ入り)、大根‥と食べてみるも、まあ大体普通の感じなのである。そして名物という焼津黒はんぺんに取り掛かってみたら、ほう、これはツミレの感じかな~(イワシやサバ使用とな~)。

 んー、この”ふりかけ”にかなり期待してしまったせいか、あれ~、これっているの~?と思ってしまい‥。それが、最後にお汁を頂いてみれば、ふむ、”ふりかけ”の魚ダシ風味が効いている感じ。うん、こりゃ無くてはならない必需品だったのだね~。

メモ)
 黒はんぺんの原材料は青魚(サバ、アジ、イワシなど)であり、それに塩、砂糖、澱粉などを混ぜてすり、茹でたものがあの黒っぽい姿に‥。ご当地の静岡では「おでん」だけではなく、焼いたり揚げたりしても食べるそう。
©名物に旨いものあり , 最終更新日:2019/11/13