ホーム
神奈川の名物
横浜煉瓦 を実食
横浜煉瓦
横浜煉瓦
Home > 神奈川の名物
/ クチコミ
霧笛楼
販売者: ㈱鈴音
神奈川県横浜市中区元町2-90

名称:チョコレート菓子
商品名:横浜煉瓦
原材料:卵(国産)、カカオマス、上白糖、砂糖、バター、ココアパウダー、食用植物油脂、粉糖、乳脂肪、ココアバター、小麦粉、洋酒、クルミ、水飴、食用精製加工油脂、脱脂粉乳、食塩/乳化剤、香料、酸味料、酸化防止剤(V.E)、着色料(カロテン)、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・クルミを含む)

賞味期限:届いた時点で約8週間

保存方法:直射日光、高温多湿を避けて涼しい場所に保存
旨い

横浜煉瓦

(神奈川)

 横浜中華街の案外近くにある霧笛楼(むてきろう)は、「むてき」部分を脇に置いといたとしても、その名前ゆえに中華料理店と間違って入ってしまいそうな、ややっこしいフランス・レストラン。と、その横に隣接するのが「霧笛楼・元町仏蘭西菓子店(もとまちフランスかしてん)」というケーキ屋さんで、そのお店の「横浜煉瓦(よこはまレンガ)」というお菓子がお土産に良いとかで、人気なんだと‥。

 まあ、そのレンガを模したお菓子「横浜煉瓦」の名は、近くの横浜港のシンボル、赤レンガ倉庫にも由来するのだそう。んー、そういえば、横浜中華街と山下公園まではまあまあ行くけど、赤レンガ倉庫まではなかなか行かぬもの~。


 して、その大箱を開けてみれば、中にも立派な小箱があり、その中にはエージレス入りビニールに包まれた四角いチョコの塊が‥。で、開けてみると、そこからは紛れもないチョコの匂い。んと、大きさは昔の安全マッチ(箱)より少し大きいくらいかな~。それから食べてみたら、予想通りのネットリ感を大いに感じ、が、風味がちょっとだけ予想に反してスモーク系の香りとキャラメル系の香りが鼻をつくような、まあでも、それはチョコの存在感にはかなわぬもの~。

 お店の説明では「クルミソースを染み込ませてあり、またリンゴとブランデーがほのかに香る」とあるので、きっとそれらのことなのだろう。2度目、それを知りつつ食べると、それらの香りも感じなくもない。

 何だろう、パクリとは行けず、ちょっとずつ削りながらチビリチビリと食べてしまう、貴重な塊。うん、こりゃ、なかなか美味しい。甘さは十分にあるが、ビターテイストでもあり、くどくはない。小さいけど、1個でショートケーキ1個分弱くらいの満足感あり。
©名物に旨いものあり , 最終更新日:2019/11/06