ホーム
岐阜の名物
飛騨の塩羊羹 を実食
飛騨の塩ようかん
飛騨の塩羊羹
Home > 岐阜の名物
/ クチコミ
(株)飛騨あずさ
岐阜県下呂市森1501-3

名称:和菓子(羊かん)
品名:塩羊かん
原材料:砂糖、餡、水飴、寒天、塩、ソルビット
旨い

飛騨の塩羊羹

(岐阜)

 この塩羊羹を名物にしているところは、全国に意外に多くあるもの。普通に考えると、海の近くの”塩の産地”に多くあるのは頷(うなず)けるのだが、意外にも海から遠い、”海無し県”にも多いもので‥。

 んー、解せぬ、いったいどうしてなんだろう。やはり、塩を大事にする思い入れや、それにまつわる祭事などから、”海無し県”の塩文化が生まれたのだろうか。いちおう、塩分を含む温泉など、山の中でも塩は取れるものだけど~。


 それはなんだか少し薄っぺらい姿ではあるが、見た目と匂いは、何も変わりが無い普通の羊羹のそれである。して、首をひねりながら一口食べてみると、それは甘さが抑えられて塩味も感じられる、まさに塩の羊羹なのである。ほほう、と思いながら食べていたら、次第にジワジワッと甘さが増幅してきて、え~!

 いや、意外と砂糖も多いような気がしてくるのは、塩に対するコントラスト効果のせいだろうか。う~ん、なんちゅうか、意外にも普通に旨い。普通の羊羹に比べたら、少し柔らかいかも~。

 ‥、これ以上は書けん。
©名物に旨いものあり , 19rw , 最終更新日:2019/11/06