ホーム
富山の名物
月世界 を実食
月世界
銘菓 月世界
Home > 富山の名物
/ クチコミ
(有)月世界本舗
富山県富山市上本町8-6

名称品名:千菓子 月世界
原材料名:砂糖、卵、寒天
旨い

月世界

(富山)

 この神秘に満ちた名前の「月世界」は、なんとお菓子に付けられた名前なのである。しかも、お店の名前も「月世界本舗」。と、お店は明治30年創業らしいので、アポロ(アメリカの宇宙船)が月へ行く前からあったということだ。んー、なんとも豪快で夢のあるネーミング‥。まあ「月」の名前を付けたお菓子って、意外と多くあるものだけれど~。

 で、原材料とかを秘密にすれば面白いのだが、現代ではそうはいかないのがつらい。でも、表示する決まりになっているのは、多い順に上から3つのみだけどね~(その後、全て表示へ変更される)。


 その箱を手に取ってみると、さすがは月世界、なんじゃこの軽さは~。ふむ、空箱に近いものがあるぞよ~。で、そ~っと箱を開けて、中からお菓子の包みを取り出してみれば、これも当たり前だが軽いのである。それから包みを開けてみると、こりゃ、発泡スチロールじゃないよね~ぐらいの雰囲気‥。んー、匂いは無いようだよ~。

 して食べてみると、なんじゃこりゃ。舐めれば溶けるし、噛めばちゃんと噛める。いや、噛むとすぐに溶けて無くなる‥。まあ、淡白で上品な味わいで、どんな味だったか忘れてしまうくらいの勢いで、口の中から存在感が無くなって行く。でも、どこかなつかしい‥。あ~、駄菓子にあったような‥。

 これは摩訶不思議なお菓子である。月世界って、こういうことなんだな~。
©名物に旨いものあり , 19rw , 最終更新日:2019/11/06