名物に旨いものあり
静岡の名物
ウス茶糖 を実食
ウス茶糖
ウス茶糖 300g
Home > 静岡の名物
/ クチコミ
㈱竹茗堂茶店
静岡県静岡市葵区呉服町2-4-3

名称:ウス茶糖
原材料:砂糖、ぶどう糖、抹茶(国産)、香料(シナモン)

賞味期限:届いた時点で約8ヶ月強

保存方法:高温多湿を避けて保存
旨い

ウス茶糖

(静岡)

 「昭和8年からの清涼飲料、静岡市民ならご存じ、ウス茶糖」の文言を、うっかりネットで見てしまった。え、何それ、ウス茶糖って‥。んー、なんだか地味なお名前でござりんすな~。

 と、それはなんでも、抹茶と砂糖を混ぜて作ったものらしく‥。で、抹茶には濃茶(こいちゃ)と薄茶(うすちゃ)とがあって(単に分量によるもの)、その薄茶に砂糖を混ぜて作るから「ウス茶糖」と命名したらしい。元祖は今回頂く「竹茗堂(ちくめいどう)」であるが、商標登録をしてはいなく、ゆえに各社からいろんな商品が出ているそうなんだよね~。

 え、普通のお茶に砂糖を入れれば同じじゃな~い、と思うかもしれないけれど、そう簡単に出来るものなら、今の時代まで残っていないもんね~。


 まず、袋を開けて匂いを嗅いでみたら、ふむ、これは抹茶の香り。で、水に溶かして飲んでみれば、やっぱり抹茶そのもので、ちょっと甘みがあり、とってもスムーズに喉の奥に流れ落ちた。はい、簡単に言うと抹茶アイスの抹茶のテイスト。またこれは飲みやすさバツグン、水代わりにグイグイ飲んじゃうね~。いや、おそらく、水よりも飲みやすいぞ~。

 して、悪くはないのだけれど、期待しすぎたせいか、その普通さに、かえって意表を突かれた感あり‥。それで、薄茶使用のためかインパクトが無さ過ぎて、知らない人へのお土産などには向かないのかも~と‥。

p.s.
 飲んだ後、なんか引きずるところがあり、もう一杯飲みたくなって‥。そう、飲んでいるときはオシトヤカなんだけれど、その後、僅かに口に残る甘い香りが、人を常習へと惹き付けるのさ~。
©名物に旨いものあり