ホーム
和歌山の名物
うすかわ饅頭 を実食
うすかわ饅頭
うすかわ饅頭
Home > 和歌山の名物
/ クチコミ
(有)儀平菓舗
和歌山県東牟婁郡串本町串本1851

品名:うすかわ饅頭
名称:和菓子
原材料:砂糖、小豆、てぼう豆、小麦粉、甘酒、膨張剤

消費期限:2~3日

和歌山県推薦優良土産品
旨い

うすかわ饅頭

(和歌山)

 本州最南端の岬、潮岬(しおのみさき)がある串本町。その景勝地「橋杭岩(はしぐいいわ)」の形をイメージし、甘味志向の明治の折ながら、わざわざ甘くない饅頭を目指して作られたという「うすかわ饅頭」が、そこにあるそうな‥。

 うーん、なんじゃか姿かたちは、山崎製パンの「吹雪まんじゅう」などに似ており、また、うすかわ饅頭の名前は全国どこにでもある名前なんだけども‥。まあ、いっちょ、食べてみっかぁ。


 そのシンプルな箱、それぐらいが丁度よい。そこから取り出したる饅頭は、なるほど橋杭岩というデコボコの岩に似せたとあって、形には苦心の跡がうかがえる。ほう、意外に丸い饅頭を作るよりも難しいのかも知れないね~。

 で、大きさはピンポン玉くらいの案外小さな饅頭だが、手に取ってみると少し重みを感じ、匂いはほぼ無いみたい。して食べてみると、想像した通りの酒まんじゅうの風味で、白い薄皮に、シットリとろけるミズミズしい紫色のキメ細かな”こしあん”が、案外いい感じに入っていた。

 うーん、身近で気軽な饅頭であるが、値段が少し「よそよそしい」気がしないでもない。まあ、手作りだから仕方がないのだろう。
©名物に旨いものあり , 19rw , 最終更新日:2019/11/06