青森の観光、弘前のアップルパイ
Home» 青森の観光» 地図
アンジェリックのアップルパイ(弘前)
〒036-8045 青森県弘前市大字野田1丁目3-16 TEL.0172-35-9894
営業時間:9:30~19:30(カフェは 11:00~18:30)、定休日:火曜日、駐車場あり
アップルパイ 250円、4種のチーズピザ 720円、生ハムとルッコラのピザ 720円





 リンゴの里、アップルパイのメッカ、弘前では数多くのお菓子屋さんがそれぞれのアップルパイを作っているらしく、今日はその中から弘前アップルパイ・ガイドマップの筆頭に載っていた「Angeliqu (アンジェリック)」に突進してみましたのよ。

 弘前市中心部、北大通りを行きますと、白っぽいシルバーの建物に英語名の表記で「Angeliqu」と控えめに書かれてあって見つけられず、一度通り過ぎては舞い戻り、目を凝らしてやっと辿り着いたのです。

 店内に入りますれば、そこはケーキ屋さんのたたずまいで、見渡したところショーウインドウの中でひときわ輝く「桃のタルト」を発見。それはとても鮮やかで、人々のココロを惹きつけるのであります。案の定、帰りにはその桃のタルトが消え去っておりましてね~。

 店内でケーキを食べる場合は、ここで選んで、店員さんと一緒に脇の階段から2Fの喫茶室に上がるシステム。店内は黒を基調とした造りに、黒服を着た色白(肌)の店員さんがまぶしくて‥。

 頼んだのは、ホットチョコにピザ、デザートにはお目当てのアップルパイをば。焼きたてのピザは、トロ~リとろけるチーズがおいしく、アップルパイは、アップルパイの上に焼きリンゴがシロップと共に乗っかり、食べると、パイのパリパリとシロップのネットリ、リンゴのサクサクが順にやって来る感じでございました。

 MGが言うには、シナモンの味があまり感じられず、ちょっと普通のアップルパイとは違うみたいと‥。また、他都市のアップルパイより、かなり安いと思われまするよ。

 昼食なら、だいたいピザは一人一枚、アップルパイは一人半分ぐらいがよいかなーと。ちなみに、アップルパイの持ち帰りは当日限りの消費期限なり。
2014.07

メモ)
 その後、テレビで紹介されているのを見たところ、アップルパイで使用している現在のリンゴは「ふじ」で、その半分を使用し、上にあんずジャムをかけているそうです。2014.08

宿泊は、弘前のホテル旅館一覧

©東北な温泉 2014-17rw