岩手の観光、くずまき高原

Home» 岩手の観光» 地図 / クチコミ
道の駅「くずまき高原」とカラマツ林(葛巻町)
〒028-5402 岩手県岩手郡葛巻町葛巻第39-159-3 TEL.0195-66-0711
営業時間:(10~3月)8:30~17:30、(4~9月)8:30~18:00
休館日:産直ハウスほすなある 1/1~1/2
レストラン 11:00~17:00(行った時は時間内だったが閉まってた)








 岩手の県北の地、内陸部から太平洋側へ北上山地を越えるR281を東へ走ることしばし、葛巻高原へさしかかるころになると、あたりは紅葉の真っ盛り。錦に色づく景色の中にズンズン入りゆけば、次第に脳みそが溶けたかのようにすっからかんになり、絡みまくっていたゴタゴタが何処かへ消え失せた気分に‥。その人は何かを悟ったかのようにご機嫌になり、何だか、ただひたすら走り行くのでありました。

 と、気がつけば「おや?、何かが違うぞ~」と‥。それは今まで何気なく見て来た秋の紅葉とは、何だか少し違っていたのです。そう、オレンジに色づく樹木が広葉樹ではなく、どうみても針葉樹に見えるではありませぬか。そのオレンジ色になった枝をもつ真っ直ぐな樹木は、木肌がどうも松のよう‥。「え、針葉樹でも紅葉するの?」との疑問が湧き上がり、またゴタゴタの俗世に引き戻されるのでありました。

 そうなんです、そこに生えているのはカラマツ(どうやら「岩手くずまき高原カラマツ」として生産されているらしく)。カラマツは日本の針葉樹の中で、唯一の落葉性の高木なのだと。いや、素晴らしい景色ですの~。

 そんな中、その国道沿いにあった道の駅「くずまき高原」へ、立ち寄ってみたんですのよ~。ここにはやはり小さな産直売り場があり、「野菜高騰で給食も中止になったりする」このご時世、(少し規格外のアウトレット系商品ですが)安さ爆発の値札に、MG氏が大喜びでしてね~。

 ま、農産物以外にもちゃっかりと、南部せんべい、鯛の生菓子、ドン菓子、年輪かりんとう(宮城だと耳かりんとう)、くずまきワインなども売られておりまして、何だかんだと買い込んだのでございます。ん~、最近の道の駅はハズレが少なくてようございますな~。
2016.11月初旬(前日、気の早い雪)

p.s.
 何気なく買った南部せんべい(小松製菓/二戸市)のまめ(ピーナッツ)がとってもおいしくて‥。また買いたいです。南部せんべいを家に常備している人間が言うから‥。

宿泊は、葛巻町のホテル旅館一覧

©東北な温泉 2016