仙台の観光、広東飯店・美香園

Home» 仙台の観光» 地図 / クチコミ
広東飯店・美香園 (仙台市)
〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町3丁目6-16 TEL.022-262-0731
営業時間:11:30~14:30、17:00~24:00 (日・祝:11:00~22:00)
定休日:第2、4日曜、駐車場なし
ランチメニュー 鶏肉のから揚げ辛子炒め定食:780円(スープ、ライス、お新香、デザート付)


 仙台市役所そば、今は無き仙台ホテルの元・中華料理長(張さん)がオーナーシェフのお店、広東飯店・美香園(びこうえん)にやって来ました。

 平日、お昼少し前に入りますと店内は8割方埋まっており、相席は大丈夫かなーと思っていると、どうやら2Fにも客席があり、すぐにそちらへと案内されました。1Fではオジサン、2Fには小姐(シャオ ジェー:今は言わなくなったのだとか)がおりまして、注文を取ったりしてくれます。

 今日の日替わりランチを聞いてみると、今は苦手の「ニラレバ炒め」だったので、ランチメニューの一番下、こっそりとある「鶏肉のから揚げ辛子炒め定食」を注文してみたのです。

 ほどなくして運ばれた料理は見るからにカラフルで食欲をそそります。まずは最初にとろとろの玉子スープを‥。豆腐とコーンも入った玉子スープは、今まであまり食べたことの無いおかゆ風の味で、いきなり私を国境越えの「かの地」へと運んだのです。また最後に食べたデザートの杏仁豆腐も同じく、国境越えテイストなのでありました。あと、ザーサイ炒めの千切りは、普通に旨い感じです。

 メインの「鶏肉のから揚げ辛子炒め」を食べてみると、これが旨い。洗練された甘辛の風味は、口内にパッと花を咲かせ、一心にご飯とから揚げをパクつく、そんなパワフルワールドへと連れて行かれます。いや、本格中華料理は別物、参りました。オススメだす。一度は食べなされ。
2013.02

宿泊は、仙台のホテル一覧

©東北な温泉 2013