仙台の観光、椿寿庵(ちんじゅあん)
Home» 仙台の観光» 地図
椿寿庵(泉ケ岳)
〒981-3225 宮城県仙台市泉区福岡字南切立1番地 TEL.022-348-2521
営業時間:11:00~15:00、定休日:水曜日
手打ちもりそば:800円、いかげそ天:250円、デザート付き(抹茶ゼリー)
北海道産ボタン粉、新そば二八




 仙台市民の憩いの山、泉ケ岳へ向う坂の途中に昔からある蕎麦屋さん、椿寿庵へやって参りました。道路脇にハタめくノボリの中に「山形そば」の旗じるしがあり、これは本格的そば屋かも~と察し、突撃してみたのです。

 店内には椅子テーブル席が3つと座敷テーブル席が4つ。外観から山小屋風かなーと勝手に思い込んでおりましたが、店内は普通に観光地にある蕎麦屋さんと大差なしです。

 メニューの北海道産ボタン粉使用の二八蕎麦は、手打ちと機械打ちとがあり、より美味しそうな方の、機械より200円ほど高い、「手打ち・もりそば」を注文。しばらくして運ばれて来た蕎麦を目にして、「おう、これは本格的」と心の内で喜びます。画像では分かりづらいのが残念ですが、ぱっと見、ウグイス色(灰色がかった緑褐色)にも見える蕎麦生地に、茶色の点々があり、見るからに美味しそうな蕎麦なのです。

 これを添えられたツユにつけて食べてみると、カツオだしの香りがプーンと漂い、噛み応え、喉越し、共に申し分なく、ズズッ、ズズッとリズミカルにすすられて喉の奥へ消えてゆくのでありました。あ、そうそう、麺は細くて案外長いようですね。え、イカげそ天?、んー、普通かも‥。

 斜め前席の常連と思しきお父さんが板蕎麦みたいなのを食べ(手打ち大盛り200円増し・か?)、隣り脇の家族連れは、温かい「かも南そば」を食しておりました。

 最近、仙台でも山形蕎麦の店が増えましたが、値段は仙台料金なんですのよ。
2012.11

宿泊は、仙台郊外のホテル一覧

©東北な温泉 2012-14