仙台の観光、泉屋

Home» 宮城の観光» 地図
泉屋(大崎市)
〒987-1303 宮城県大崎市松山金谷赤沼上29 TEL.0229-55-3112
営業時間:11:30~19:00、定休日:木曜日
駐車場なし、‥が店舗前(駅前広場)ベンチの前に、皆さんが止めるあるね~ 。
中華:600円
泉屋泉屋
泉屋泉屋
泉屋泉屋
 テレビでしきりに気象予報士さんが小春日和じゃと語っていた晩秋のよく晴れた日、ほんじゃ~と仙台平野で(たぶん)落ち穂をついばむコハクチョウなどを眺めながら北へ。初めて立寄る松山町は、松山駅前のラーメン店、「泉屋」さんへとやって参りました。

 だいたい開店時間に来てみますと、そこはテーブル席が2つとカウンター席が少しあるだけの小さな店内。オジサンと髪をきちんと整えた(申し訳ないですが)ヨボばあさんの2人で営んでいる模様なのです。スカスカに並べられたメニュー竹板に書かれてあるのは「中華」と「チャーシューメン」の2種類のみザマショ。

 おや、その脇に何だか原辰徳さんの色紙が2枚も、これみよがしに飾られてあるではありませぬか。‥アンチ巨人のMG氏、見逃さずに見つけて睨みつけるぅ。え、ここに原さんが2回来たわけではないですよねぇ。

 まあ今日は目移りなどをする楽しみもなく、普通に「中華」を頼みますと、メニューが少ないからか、トントントンと事が運び、すぐにお品が運ばれて参りました。んー、お水はセルフみたいですの。

 見るとラーメンはデカイ器になみなみと盛られ、チャーシューが気前よく3枚、メンマ少々とネギ、水菜などが乗せられてあります。目の前に置かれた瞬間に、煮干しダシの香りがプワワ~ンと漂い、そのスープをすすれば、やっぱり煮干しの風味が喉奥に響き渡ります。またそれは、やさしいサッパリとしたスープで、脂がビッシリと上部を覆い、下には細いちぢれ麺が浮かんでおりまするよ。

 すすってみれば、お~、何だか懐かしいような~。インパクトはないですが、落ち着く、おいしい中華そばなんでありました。おそらく量も多めかと思われますね。はい、地元の人気店で間違いなし。
2015.11

宿泊は、大崎市のホテル旅館一覧

©東北な温泉 2015