宮城の観光、長者原の化女沼

Home» 宮城の観光» 地図
長者原の化女沼(大崎市)
化女沼ダム観光資料館」入館料:無料
宮城県大崎市古川小野字遠沢2-2 TEL.0229-28-1353
開館時間:(季節により変動)冬季は(2月~ 3月)10:00~16:00で月・火休館
(化女沼:ヒシクイの日本最大の越冬地、2008年にラムサール条約登録)
長者原の化女沼長者原の化女沼
長者原の化女沼長者原の化女沼
長者原の化女沼
 天国と地獄のような、行きたいようで行きたくない、民話の里のような名の、「長者原の化女沼(けじょぬま)」にやって来ました。

 東北自動車道の名所、その名を聞いただけで(県外者なら)誰もが立ち寄りたくなる長者原SA。そのスマートICを下りるとすぐにある化女沼へ、GO。

 沼を時計回りに行くと、沼の東側に突然、一見カラフルな観覧車が‥。ありゃ、無残にサビ付いて何か物悲しい様子も‥。その先のカーブにさし掛かると、うぉー、化け猫が!、いや普通の猫が‥。するとすぐ先に案外立派な化女沼ダム観光資料館があったので、立ち寄ることに致したのです。

 この観光資料館は1Fに事務所とメダカなどの水槽が展示され、2Fの展望室には無料の望遠鏡などが置かれ、沼の野鳥がつぶさに観察できる、アカデミックな施設になっております。あ、駐車場には、化女沼伝説の元になった照夜姫(てるやひめ)像もありましたです。

 今日の化女沼は、例年にない寒波のせいか7割方が氷で覆われ、沼に中心部にポカンと開いた水辺にカモ類が少しいるだけで、せっかく来たのに、残念でなりませーん。


長者原サービスエリア

 帰りは上り側の長者原スマートICから再びSAへ。実はこの長者原SAには化女沼を眺められる展望広場が、上り下りの両方に設けられているのです(地図参照)。

 また上りSAからは、徒歩なら自由に敷地外へ出られるようになっていて、そこには化女沼ピクニックエリアという公園があり、その駐車場に車を止めて、高速利用者でない一般者も、SAの食堂などが利用できるようになっていました。

 今年のような氷の張った沼ではどうか分かりませんが、普通の年でしたなら、夕方に立ち寄れば、ガンやカモが一斉に飛んでくる「渡り鳥の寝ぐら入り」が見られる絶好のポイントなんですよね、たぶん。

 ‥今年は先程も申しましたように、氷が多くて野鳥がほとんどおらず、ダメでございました。
2012.02

長者原の化女沼長者原の化女沼
長者原の化女沼長者原の化女沼
宿泊は、大崎市のホテル旅館一覧

©東北な温泉 2012-14