仙台の観光、郡山餅屋

Home» 仙台の観光» 地図 / クチコミ
郡山もちや(仙台)
〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町4丁目3-14 TEL.022-248-0870
営業時間 7:30~15:00(なくなり次第閉店)、定休日 木曜日、駐車場1台のみ
豆大福120円、大福(紅こしあん)100円、大福(白つぶあん)100円


 仙台市の南、長町の駅前通りから、ひょいと西へ細い脇道を入ると、そこは一方通行で狭い道ではありますが、キレイに整えられたシャレた小道。その先へ少し行くと「郡山もちや」の看板が見えてきて、あ、ここだ、ここだ、と。

 店内に入ると、女将さんらしき人がショーケースの後ろに待ち構えており、焦りながら、また何を思ったか草餅を注文すると「今はありません」のこたえが‥。どうやらそれは季節の餅だったんですね~。気を取り直して、ほとんど何も入っていないようなショーケースを覗きながら、大福3種を片っ端から注文して事なきを‥。あと他には赤飯と、オコワのおにぎり等が売られておりましたよ。んーと、後から来たお爺ちゃんは、豆大福2こを思し召し。

(家に帰ってから‥)
 包みを開け、とりあえず白の「つぶあん大福」から、かぶりついてみると、おう、餅だ、餅の味がします。添加物を加えて柔らかくしたような餅とは違い、しっかりとした弾力のある、言わば頑固な餅。何ざんしょ、この久しぶり感は‥。

 次に食べたのは、紅色の「こしあん大福」。こちらは、にわかに「こしあん」の美味しさが台頭し、その存在感が餅の旨さを凌駕するかのよう。

 最後の豆大福は「こしあん」に豆入りの餅で、豆に味付けられた塩味が効いてか、何か華やかな風味に。んー、こりゃいい。

 いつもスーパーの大福餅で満足していたワタクシ。世界の広さをやんわりと味わった次第。3こ、ぺろり、あっという間でございましたぞい。
2013.11

p.s.
 店内は撮影禁止の模様です。ショーケースにカメラを向けたら、撮影禁止と注意され沈没‥。

宿泊は、仙台のホテル一覧

©東北な温泉 2013-17rw