宮城の観光、四方山(しほうざん)
Home» 宮城の観光» 地図
四方山展望台(角田市)
宮城県角田市藤田宮沢 標高274m



 宮城県南、角田市・亘理町・山元町の境目辺りの小高い山、「よもやま」と読みたくなる四方山(しほうざん) にやって参りました。

 角田市から東へ。山元町へ抜ける県道(244号)を行くと、途中の明通峠(みょうつうとうげ)付近に「長寿の水」という湧き水があり、そのすぐ先から四方山へ登る脇道が続いておりました。道は狭い舗装道路ですが、どうにかすれ違える程度の、ほんの少し余裕のある道幅でありまして、まあまあ、よござんす。

 山頂に着きますと、右手に対空通信所の30m鉄塔がそびえ立ち、左手の小高い丘に、丸い三重の塔的な展望台が見えていました。ふと気が付くと、下界からはオバサマ達のにぎやかな話し声。どうも、山腹の遊歩道を山菜を採りながら、こちらへ登って来る様子なのです。

 さて展望台にのぼってみますと、本当に何も邪魔する物の無い眺望が、四方(八方)に見え、北にはモヤに霞む仙台、その右に”鳥の海”と太平洋、西に角田のロケットセンター、南には阿武隈山地の山々がパノラマを作り、四方山の名に恥じない、見事な眺望が広がっておりました。‥上にはNHKのカメラがあったので、時折この映像がNHKで流れるものと。

 帰り、遊歩道を歩いていたら、アブ(orクマバチ)みたいなのに追っかけられて大変。どうやら頭をめがけて飛んでくるらしく、帽子があった方が良いかもです。あと、長寿の水は休日には混雑するのか、一人10分の掲示が‥。
2011.06

宿泊は、角田市のホテル旅館一覧

©東北な温泉 2011-14