八幡平クマ牧場
Home» 閉鎖の施設»
八幡平クマ牧場(鹿角市)→※2012.04 熊脱走事件により閉鎖、クマは阿仁熊牧場
秋田県鹿角市八幡平字切留平10-1 TEL.0186-31-2511
営業時間:8:30~17:00(開園4月下旬~11月下旬)
入場料 大人500円、小学生以下250円 「くま油も売ってます」


 八幡平から鹿角市に向う国道(R341)沿いにある、東北(いや本州)では珍しい熊牧場、八幡平くま牧場にやって来ました。前日宿泊した旅館を出て朝一に来てみますと、車が一台止まっているだけで、チョット心配になってきました。

 入場料の他に、熊エサも調達して前進すると‥、うぉー、やはり獣臭(けものしゅう)が襲い掛かるように漂って来まして、飼われてはいるのですがちゃんと野生の息吹が感じられ(実際は野生ではこんな光景はないので、こんなには臭わんと)‥。見ると先客がちょうどエサをやっているところで、熊達が立ちあがり両手を広げ、エサをねだっているのが見えました。んー、これは北海道の熊牧場なんかと同じ光景ですね。

 表で玄関を見たときには小さい牧場かと思ったのですが、中は結構大きな施設で、熊の数もかなり(100頭位)いるようです。メインはヒグマですが、奥の方に行くと色んな種類の熊がいて、なんと世界最大のアラスカ産コディアック熊なんかもいるのですよ。

 私が行くと「こらぁ~、そのエサ、早くよごせぇ~、このぉ~!」という感じでおりをバンバン叩く熊がいたりして、ちょっと怖くなってしまいます。熊の大きさを改めて感じ、こんなのが山から出てきたら腰を抜かすなぁー、と改めて思うのです。熊舎の周りには、リンゴが山積みになっていたので、リンゴが好物なんだなーと‥。いや、この地域にリンゴ農家が多いだけとも。

 ここは、少し怖い思いと野生の驚異が感じられる、日本では数少ない疑似ネイチャースポットではないでしょうか。
2002.10

宿泊は、鹿角市のホテル旅館一覧

©東北な温泉 2002-14