青森の観光、サンホテル大間・はまなす

Home» 青森の観光» 地図 / クチコミ
大間産本マグロ丼 (サンホテル大間・レストランはまなす)
〒039-4601 青森県下北郡大間町大字大間字奥戸下道2 TEL.0175-37-2001
大間産本マグロ丼 1890円


 大間マグロが食べたくて、大間町にあるサンホテル大間の「レストランはまなす」へやって参りました。

 地元の少ない情報を雑誌やネット(当時は少なかった)で調べながらいざ行ってみると、休業や閉店が多く、やっとのことで大間マグロが食べられそうな、このお店に辿り着いたのです。で、ホテルのロビーに続いて奥にあるレストランの入口には、「大間産本マグロ」の写真付きメニューがあり、よっしゃーっと喜び、勇んで突撃いたしましたのよ。

 して、壁に貼ってある少ないマグロメニューから、一番安い”大間産本マグロ丼”を頼んでみますと、出て来たマグロ丼は「少しヅケ(醤油漬け)にしてあります」との説明があり、かなり筋の多い赤身と、少し白っぽい中トロぐらいのものが、どんぶりの上に乗っておりました。マグロの下にはトロロコンブが敷いてあり、その下がご飯になっておりますね~。

 まず赤身を食べてみると、その白い筋が強烈に固くて‥。さすが大間のマグロ、一筋縄ではいかないと‥。このようなスジの入ったマグロは気仙沼で食べた以来(たぶんかなり尻尾の方の赤身かな~と)。次に中トロを食べてみると、こちらは柔らかく、すんなりと食べられました。う~ん、でも、(鮮度が落ちたせいか)かなりエグイ感じなんですね~。

 たぶん、マグロというか、刺身好きにはこのマグロ臭さが良いのかもしれませんが、私のような基本魚苦手人間には、少し強烈過ぎるものでございました。でも、時季とか部位とか、鮮度によってもかなり違うものなので、一概には大間マグロを語れなく‥。しかも、安い方を食べましたしね~。

 その後、下風呂温泉の「さが旅館」でも食べたので、そちらも参考にして頂けませんでしょうか。
2005.10

メモ)
 2017年、なんと「大間マグロ一本釣り漁ウオッチング」ツアーなるものが行われると‥。

 ツアーは、8月中旬~10月上旬までの日曜日。料金は1出航(1人~10人)12万円。大間マグロの食事(1人6千円~)も。3日前までの予約が必要。問い合わせ・予約はYプロジェクト(電話0175-37-5073)へ。

 と言うことらしいです。ちなみに、ここで使われる食事処は、すし店「浜寿司」になっておりましたよ。

宿泊は、大間のホテル旅館一覧

©東北な温泉 2005-17rw