銀イオン・びっくり湯桶(にだまされる)

Home» コラム・ほか»
銀イオン・びっくり湯桶
藤田金属㈱ 大阪府八尾市西弓削3-8 TEL.0120-49-3226
材質:アルミニウム、板厚:0.8mm、満水容量:3.2L、サイズ:外形24cm(高さ10cm)、重さ:240g
 マンションのお風呂には窓がありません。小さな窓でもあれば良いのですが、窓のある位置には、居住スペースを割り当てているのが一般的。以前、公団の古いボロアパートに住んでいたことがあり、それは昔の設計なのか、ちゃんとお風呂に小窓が付いていたんですよね。いつも小窓を開けっ放しにし、カビが生えることはなかったのです。

 マンションに引っ越してからは、お風呂のカビとの格闘が始まり、数ヶ月に一度は大掃除が必要だな~と。いつも換気扇をつけておけば、ある程度カビは防げますが、電気代がかなり心配(でも昨今のマンションは微風を常に吹かせる仕様のようですね)。

 そんな中、見つけたのが、銀イオン。銀イオンは抗菌効果があり、人体にも影響しないというのです。皇室でも(昭和天皇時代)銀食器を使っていたそうなので、やはりそうなんだと。

 はい、本題に入りますと、その「銀イオンの湯おけ」は、アルミ版に硬質アルマイトを塗布後、銀イオンで二次加工したというもの。使い方は、まずお風呂のカビを取り除いてから、桶に水を少し入れて浴室に置くだけ。箱書きの実験結果では(浴室のものではない模様)、24時間後にカビ菌がゼロに減少していたそうなのです。
2006.09

 半年ほど使用してみました。効果の方は、無いよりあった方が良さそうな、そんな感じ。2つの部屋で実験してみれば、違いが分かるのでしょうけど、そうはいきません。確かに桶の近くでは、カビができにくいような気がしますが‥。
2007.02



(ニュースに驚きました。)
 公取委によると、各社から資料提出を求めたが、こうした(銀の湯桶)効果を裏付けるものはなかったそうです。まんまと、やられました。1社だけではなくて、数社から製造販売されている代物なんですけど、日本の会社って、訳が分からず真似することが多いんですよね。
 「マイナスイオンは効果がない」も思い出すところ。いまだに、時々テレビタレントが口にするのが気になります。
2007.06



©東北な温泉 2006-14