東北を行け
増田の内蔵、突進レポ
Home > 秋田の観光 >

増田の内蔵

(横手市)
増田町観光協会(増田観光物産センター「蔵の駅」内)
〒019-0701 秋田県横手市増田町増田字中町64 TEL.0182-45-5311
増田の内蔵 - 地域の案内図蔵の駅 - 施設の外観
蔵の駅 - 蔵の内部1蔵の駅 - 蔵の内部2
蔵の駅 - 蔵の内部、壁蔵の駅 - 蔵の内部、梁
 横手市十文字町を行きますと、いつの間にやら途中から増田町になっておりまして、見ると木造の家並みが続く、ちょっと古びた普通の田舎町なのです。

 ところが、さにあらずや、ここは世にも珍しい内蔵の町。内蔵とは母屋の中に造られた蔵でありまして、これがまた競うように豪華に造られており、しかも大きくて堅牢。中尊寺金色堂のように、蔵を覆うように二重に建物がある構造で、雪や氷から土蔵を守るために囲ったのではないかと思われます。

 これが、明治・大正・昭和と維持され、また増改築されながら、母屋と共に今の時代に残されたのです。

 左は「蔵の駅」を兼ねた旧「勇駒酒造」の蔵(*1)。案内してくれた観光協会の(若い)お兄さんの説明を聞きながら見て回ると、圧倒されて「はぁ~」とため息が出るばかりでした。

*1:「宝暦蔵」と呼ばる古い酒蔵で、国の登録有形文化財


山中吉助商店 「蔵の駅」の正面
 本日の公開蔵の2軒目、山中吉助商店さんのガラス戸をガラガラッと開けて入ると、そこは時空を超えたパラダイス。現代によみがえった異空間、バック・トゥ・ザ・デイズ(過去へ)なのです。

 女将さんが片っ端から(昔)商品の説明を始めますと、わたくしのツボにハマった商品が‥。それはなんと”短ぐつ”。ゴムで出来た靴で、ぬれると靴の中がグチョグチョになるあれ‥。こんな物が今でも売っているのかぁ。いや待てよ、これは飾ってあるだけなんだよなーと思っていると(昔、中学生が肩にかけて持ち歩いた)白い布でできた四角いバッグ「これこの間、売れたんですよぉ」と‥。誰だ買ったのは~。足元の水色スーパーカーの隣りには、三輪車のスペアタイヤが一山。えー? 夢じゃないよね!?

 はぁ~、なんじゃか、奥にある(本来見学すべく)蔵にたどり着く前に疲れてしまい、へなへなっと。社長、蔵はもう、どうでもよくなったんですけど。

 ‥額縁の中の絵は、手書き看板だすな。

山中吉助商店 - 商店の外観山中吉助商店 - 店内1
山中吉助商店 - 店内2山中吉助商店 - 店内3
山中吉助商店 - 店内4山中吉助商店 - 昔の看板
山中吉助商店 - 蔵の入り口

山吉肥料店 「蔵の駅」の斜め前
山吉肥料店 - 施設の外観2山吉肥料店 - 入り口
山吉肥料店 - 店内山吉肥料店 - 座敷
山吉肥料店 - 通路1山吉肥料店 - 内蔵の入り口
山吉肥料店 - 通路2山吉肥料店 - 通路3
山吉肥料店 - 裏庭山吉肥料店 - 裏門
 次に隣りの山吉肥料店さんへお邪魔。

 こちらは母屋も蔵も裏庭も本当に一級品でございまして、とっても感激いたしました。表側から明治、大正、昭和の建物が順に続いており、それは人々をすぐにそっちの世界へと連れて行く、そんな空間なのです。

 裏庭の奥にお客さん用の離れがあり、そこから裏門の外に出て振り向くと、立派なお屋敷の景観が‥。え、こっちが正門にも見えますのー。

 もう多くは語りません。疲れてきたしぃー。


佐藤養助・漆蔵資料館
〒019-0701 秋田県横手市増田町増田字本町5 TEL.0182-45-5430
定休日:平日の月曜、入館料無料、食事、喫茶、お土産処
 こちらは座敷蔵を無料開放展示しており、喫茶及び、勿論あの佐藤養助稲庭うどんも食べられるお店にもなっているのです。あと、歴代の佐藤養助さんご夫婦の大きな肖像画が飾られてあり、沈黙‥。

佐藤養助・漆蔵資料館 - 施設の外観佐藤養助・漆蔵資料館 - 内蔵の入り口
宿泊は横手市のホテル旅館一覧
©東北を行け