東北を行け
男鹿水産・カニ直売所、突進レポ
Home > 秋田の観光 >

男鹿水産・カニ直売所

(男鹿市)
〒010-0511 秋田県男鹿市船川港船川字芦沢205 TEL.0185-23-3710
蟹の旬は冬季(でも1~2月は禁漁)
男鹿水産・カニ直売所 - 通りの風景男鹿水産・カニ直売所 - お店の外観
男鹿水産・カニ直売所 - ベニズワイガニ1男鹿水産・カニ直売所 - ベニズワイガニ2
男鹿水産・カニ直売所 - 安売り・足だけのベニズワイガニ男鹿水産・カニ直売所 - 購入したベニズワイガニ
 男鹿沖で獲れるベニズワイガニが食べたくて、男鹿半島の付け根、男鹿市の中心部から半島を少し先へ進んだ船川港にある、男鹿水産・カニ直売所へやって来ました。

 辺りは工業港のような殺伐とした風景で、広い通りのもうすぐ行き止まりの所に、白地に赤の「カニ直売所」の看板がドカーンと立てられており、そこへカニに胸躍らせる一人のオジサンが突進して行ったわけなのでありましてね~。

 店前に車を止めて中の様子をうかがうと、暗い雰囲気ではありますが、ちゃんと朱色のカニがずらずらっと並んでいるのが見え、一安心。「こんにちは~」と入店致しますれば、脇の方から女将さんが出て参りまして「いかが致しましょう?」と‥。

 見れば、1パイで3千円~2ハイで千円までのベニズワイガニと、その脇に袋詰めのカニ足いっぱいのが千円。今朝獲って今朝茹でたそうで、それは鮮度抜群のカニなのであります。まあ私が買うような安い方のカニは足が一本・二本無かったりするは当たり前。適当なところで、分相応の2ハイで千5百円のカニを求め、上機嫌で家路に就いたのでございまして。

 ‥長い時が経ち、家に着いてお皿に乗せてみますと、店で見たよりも大きく感じ「こりゃいいぞ~」と。早速襲いかかってみたら、それは鮮度が良くて、カニミソのおいしいこと~。足肉もビッシリ詰まっていて、大変満足致しましてね~。もっと家族が大人数なら、カニ足の袋詰めも買いですなー、こりゃ。ひと冬に一度は食べたい、そんな男鹿のカニでがんすな~。

 たぶん、漁は天候により毎日できないと思われ、いつも売っているとは限らないのでしょう。あと、カニがワンサカ並んでいるイメージを想像してしまった人もおられましょうが、店内は小ぢんまりしていて、1列だけの陳列ケースが置かれているのでありましたのよ。
2011.11

宿泊は男鹿市のホテル旅館一覧
©東北を行け 2011-17rw
投稿へ

男鹿水産・カニ直売所(男鹿市)


  • Currently 0/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 0/5 (0 votes cast)

コメント

秋田・男鹿沖ズワイ、「舞雪がに」ブランドに

 居酒屋「半兵ヱ」などを展開するドリームリンク(秋田市)は18日、秋田県男鹿市沖で漁獲されるズワイガニを「舞雪(まいせつ)がに」と名付けてブランド化すると発表した。男鹿市と水産物卸の萬漁(ばんりょう)水産(男鹿市)の協力を得て、足にタグを付けて今年12月から出荷する。

 秋田県のズワイガニ漁獲量は約20トン。ブランド化しておらず認知度が低いため、1キロ当たり6000円程度で販売されている。「越前ガニ」や「松葉ガニ」などが1キロ当たり2万円以上で取引されるのに比べて、大幅に安いという。

 男鹿市沖で12月20日から翌年2月末までに獲れるズワイガニのうち、800グラム以上で、足のそろったものを選別する。萬漁水産によると、水揚げの2割がこの基準を超えるという。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33113250Y8A710C1L01000/

(投稿者 匿名 さん / 2018年07月20日)

(投稿者 づんつぁマン さん / 2012年01月05日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。