ホーム 福島の観光

道の駅たまかわ

、突進レポ
Home > 福島の観光 >

道の駅たまかわ

(玉川村)
〒963-6311 福島県石川郡玉川村大字岩法寺字宮ノ前140-2 TEL.0247-57-3800
さるなし 500円、りんご・たまねぎ・きくの花の酢漬け 280円、かぶ 160円、ネギ 130円
食堂もありんした。
さるなしの生は、9月末~10月中旬ぐらい(2018年資料)
道の駅たまかわ - 全景道の駅たまかわ - 施設外観
道の駅たまかわ - 産直売り場道の駅たまかわ - さるなし(完熟)
道の駅たまかわ - 冷凍さるなし道の駅たまかわ - さるなしサイダーとジュース
道の駅たまかわ - さるなしバターにコショウ道の駅たまかわ - さるなしジャムとコンポート
道の駅たまかわ - これ買いました道の駅たまかわ - 生さるなし

 10月、福島県の南部、福島空港の脇にある「道の駅たまかわ」へ、日本一をうたう「さるなし(コクワ、ベビーキウイとも言う)」を目指して、ちょっくらやって来ましたのです。

 と言うのも、昔、ドリカムの歌「コクワの実採ってね~♪」を聴いて、「え、桑の実って、手も口も紫になるばかりで、そんなに美味しいものじゃないよね~」と、ずうっと思いながら年を重ねて参った私‥。で、最近、福島で「さるなし」をプッシュしていると知り、子供の頃一度だけ食べてトリコになったあの「さるなし」の味を思い出し、突進。そして、コクワ=さるなしと知り、な~んだ、桑の実ではなかったのだと、歴史書き換え‥。

 そんなこんなで、案外山の中にある感じの「道の駅たまかわ」に来てみますと、そこは食堂もある、程々に大きな施設で、店内には玉川村の産品がぎっしりと並べられてありまする。

 そしてやはり、旬の「さるなし」と、その加工品が山のように置かれ‥。そう、それらはさるなしの「生、冷凍モノ、ピューレ、ジュース、サイダー、ワイン、スパークリングワイン、ジャム、コンポート、こしょう」等、そこまでやるかのサルナシ・オンパレード。まあ、自分はさっさと生の「さるなし」などを買い求め、ほんじゃね~と‥。

 さてと、完熟した「さるなし」は、だいたい俵型をしており、見た目が青っぽく、触るとフニャッとした、大粒のブドウくらいの大きさ‥。で、匂いはキウイフルーツのようザマス。して、食べてみれば、真っ先に鼻にツンと来て、舌には強烈な酸味が‥。んー!

 それで、中身は見た目もキウイフルーツそっくりで、食べれば味もキウイフルーツそのもの。が、皮付近がセメダインの味がして(メロンもセメダインの味がする私が言うことだけど‥)、柔らかいけど皮は強烈過ぎるのなんの~。

 そういえば最近のネット記事で、キウイフルーツの皮付近にはビタミンEや葉酸などが多く含まれるので、皮まで食べた方が良いと‥(食えるか~)。そう、それをフムとうなずけるほど、強力な皮なんでございまして‥。まあ、見た目と食感は、存在感のない皮なんでありますがね~。

 それでも、ちゃんと中は甘くて美味しく、大丈夫。あと、余計なことを申しますと、皮部分がルートビアに似ているぞ~と。
1910
©東北を行け , 最終更新日:2019/11/06