東北を行け
黒船、突進レポ
Home > 岩手の観光 >

黒船

(大船渡のラーメン)
〒022-0004 岩手県大船渡市猪川町藤沢口39-1 TEL.0192-26-0144
秋刀魚だしらーめん(醤油・塩)650円
黒船 - お店の外観黒船 - 店内
黒船 - 秋刀魚だしらーめん黒船 - メニュー
黒船 - 麺
 大船渡は盛駅(さかりえき)の奥、内陸へ向かう盛街道(R107)に折れた、郊外の緑に囲まれた所の地元の有名ラーメン店「黒船」にやって来ました。

 外観はメタル張りですが、中はコンクリート打ちっぱなしに、オールディーズのポスター等が張られたシャレた造り。何だか、食堂とかラーメン店とかそんな雰囲気ではない、洋食屋さんテイストのお店なのです。

 さて、入口正面にあった券売機にて「秋刀魚だしらーめん しょう油」を求めようとすると、あら、なんとも頭の中が混乱して、初めてだと目星をつけるのに一苦労。前に並んでいたオジサンなんて、立ち止まったまま、しばらく動かず‥。んー、どうも、売りたいのを一等地の左上に配置して、普通のラーメンは中程に‥。しかも名前が長すぎるので、細かくて分かりづらし。それでもなんとか普通の「秋刀魚だしらーめん」を見つけて食券を購入し、案内された席に着いて、待つことしばし~。

 運ばれて来たのは腰高の器(円すい型)に、ちょっと見慣れぬラーメンの姿。メンマとチャーシューに水菜っぽい青々とした葉っぱが乗せられております。麺を持ち上げると、おや、日本蕎麦のように色付き、そして何を混ぜたのか点々も付いている麺がコンニチハと(もしかして今流行りつつある全粒粉使用?)。んー、円すいの器のせいか、麺がごそっと固まって持ち上がること~。

 スープを一口‥、おう、これが秋刀魚ダシというやつでしょうか。煮干しの香ばしさを取り除いたような風味に、しょう油の香りが幅をきかせます。また三陸でよく出会う、あの独特なしょう油の香りもあるような‥。いや、実際はしょう油が一番の出たがりなのかも。

 麺をすすってみると、はい、素麺にも似た感ありですが、なかなかおいしいです。また、柔らかいチャーシューも美味で、ネギと水菜が秋刀魚のニオイ消しになっているのかと‥。あ、MGが食べた塩味の方は、しょう油のとは違い白っぽい麺で、おいしいけどしょっぱいスープだったと。

 平日のお昼、サラリーマンと出張者のオジサンでほぼ満席状態でございました。

宿泊は大船渡のホテル旅館一覧
©東北を行け