東北を行け
毛越寺(もうつうじ)、突進レポ
Home > 岩手の観光 >

毛越寺

(平泉町)
〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉字大沢58 TEL.0191-46-2331
駐車場は隣接する町営駐車場利用 300円、茶屋(軽食)もあり
毛越寺 - 入り口毛越寺 - 本堂
毛越寺 - 浄土庭園毛越寺 - 池1
毛越寺 - 池2毛越寺 - 水路
毛越寺 - 立木毛越寺 - 紅葉
毛越寺 - 地蔵毛越寺 - 隣
 中尊寺に次ぐ平泉観光の目玉の一つ「毛越寺」にやって来ました。

 でもここは何も無いというか、浄土庭園といわれる大きな池があるのみ。浄土庭園と共にあった平泉の栄華を誇る建物群は遠い昔に焼失し、今では痕跡が残るだけのちょっと寂しい風景。‥「夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡」、芭蕉が残した句が、妙にしっくり来るのですね。

 子供の頃以来、久しぶりに来てみると、なんだか少し様子が変っていて、平成に建てられた立派な本堂があったり、お客さんが多かったり、頭の中にあったイメージと大分変っていて、ちょっと驚きました。

 大体は庭園の中心にある池を一周するように見て回るコースが一般的で、行くと、昔あった建物の跡がそれを説明する碑(ひ)と共に点在しておりました。浄土庭園は、近代に多く造られている色んな樹木を植えた華やかな庭園とは違い、シンプルな景色で、それでいて奥深い味わいを醸し出す、心落ち着く”いにしえ”の景観なのでございます。

 ゆっくりと散策しながら歩いていると、突然、矢のように走るケモノが目の前に‥。うぉ、それはどうやらリスのようで、数十メートルほど走ると、すぐにどこかへ。目を凝らし探していると、団体さんがガヤガヤと後からやって来て、自然に前に押し出されるようにその場所を去ってしまって‥。ここに来たら俗世に惑わされず、自分のペースを守るべきだったと、少し後悔。

 子供の頃、どうしても”たいくつで、たいくつで”たまらなかった毛越寺、大人になったら案外楽しめました。‥だいたい(入口脇にある宝物館も見て)小一時間ほど。

宿泊は平泉のホテル旅館一覧
©東北を行け