東北を行け
中河ラーメン、突進レポ
Home > 岩手の観光 >

中河

(盛岡のラーメン)
〒020-0015 岩手県盛岡市本町通1-7-37 TEL.019-622-5763
駐車場 店の向かいにある月極駐車場内に「中河」と書かれた駐車場(14番~19番)あり
中華そば 550円
中河 - お店の外観中河 - 店内
中河 - 中華そば
 盛岡の中心部にある老舗のラーメン屋さん「中河」にやって来ました。ネットで数多あるラーメン写真を見ているうち、その独特な麺の姿に惹かれ、引き寄せられるようにやって来たのです。

 そのトラックも時折通る細い路地から入店すると、狭い店内にはカウンター席6つとテーブル席が2セットだけあり、そこへ次々にお客さんが入って来まして‥。最初から相席覚悟で座らないと、後で面倒な事になってしまいまするね~。で、席からあふれた場合は外ではなくて店内奥の通路に並び、そこからモサクサ食べているお客さんに「早くしろ」ビームを送り、やんわりとせかすシステムになっておりましたのよ。

 で、席に着いて店内を見渡すと「中華そば 550円」の札が一枚、威風堂々と、その無造作な壁に張ってあり、それを見てポカンとしているとオバサマが笑顔で注文取りに‥。思わず「2つ下さい」と訴えると、それで話しが通じ、一安心した次第なのであります。

 ふぅと安堵していると、すぐさまラーメンが運ばれてきて、見ると、事前に見た写真とそっくりそのまま、期待通りの一品なのでございます。で、そのキャシャなテーブルには、親切にもフタの無いコショウ瓶が一つ。して、レンゲも無く、箸だけ乗せられた器。それを両手でかかえてスープをすすってみれば、薄色スープのコクが深く、とってもおいしいのです。しょうゆダレであることは確かなんですが、何味とか分類できない、あっさりしたスープなんですよね~。

 そしてまた、この黄色い極細ちぢれ麺が、最初は硬く、食べている間にちょうど良くなる、味のある麺なのです。チャーシューもメンマも程ほどの濃い味で‥、ふ~む、ごっつぁんです。いや~、ラーメンというものは、色々な個性があって面白いもんですねぇ。えーと、大体さっと食べて、さっと出る、そんな立ち食いそば的なラーメン屋さんだと察しました。あっさり好きなら、ぜひどうぞ。

宿泊は盛岡のホテル一覧
©東北を行け , 17rw