東北を行け
ワインハウス早池峰・ワインシャトー大迫、突進レポ
Home > 岩手の観光 >

ワインハウス早池峰

(花巻市)
〒028-3203 岩手県花巻市大迫町大迫第10地割16-1 TEL.0198-48-2155
サービスランチ(数量限定とな)850円
駐車場あり、標高 161m
※2015.05 運営者と名称変更「レストランベルンドルフ」へ。内容も変更か?
ワインハウス早池峰 - レストラン施設の外観ワインハウス早池峰 - 施設の外観
ワインハウス早池峰 - 店内ワインハウス早池峰 - サービスランチ
ワインハウス早池峰 - メニュー
 花巻の東、岩手の大半を占める勢いの北上山地へ分け入ることしばし、四方を山々に囲まれた大迫町の、ちょっと高台にあるそれらしいレストラン「ワインハウス早池峰」にやって来ました。

 中に入ると、制服のウエイター殿が待ち構えており「お席へどうぞ」と‥。一段上がった所にある客席は、それなりにレストランの風格を漂わせ、また落ち着いた雰囲気に。して、肉料理~地元エーデルワイン等が並ぶメニューから、筆頭のサービスランチの(今日は)サイコロステーキをば頂きましょうと‥。

 クラシック音楽が流れる店内、辺りを見渡すと、先客のオジサンが一人、ワインを飲みながら料理を楽しんでいるところ。あとは、しばらくして老夫婦、そしてお爺ちゃん~孫までの家族連れなどがチラホラとやって来ます。

 程なくして出て来たサービスランチは、ご覧の通り、なかなかよござんす。食べても、案外よござんす。値段が値段なので、それなりのところもありますが、この料金にしてはサービス満点のランチじゃないかな~と。また(定番にしたらいいんじゃないの~と思われる)今日のランチのサイコロステーキが旨しですね~。んー、なにげにお箸がついているところもオーケーボクジョー。それと、たまたまなのかも知れませんが、甘くて酸っぱいテイストのミニトマトもグー。

 まあ、わざわざ食べに来るほどでもないですが、近くに来たら立ち寄って欲しい、そんなお店でご推薦!
2014.10


ワインシャトー大迫

(花巻市)
〒028-3203 岩手県花巻市大迫町大迫第10地割18-3 TEL.0198-48-3200
スパークリングワイン(星の果樹園白)1555円を購入、駐車場あり
 レストランを出て坂を下り、ふと左へ。おう? なんじゃ~。と、その通りには道の両側にブドウの木が植えられ、なんだかいい感じなのです。しかも、一種類ではなくて、数種類のブドウが‥。そして「観賞用ぶどうなので食べないで下さい」と。

 しかし、残念。そのブドウはもはや収穫された後らしく、影も形も匂いも無し。あ~、一足遅かった~。ブドウの木の下、しばらく歩いてないな~、どんな匂いだったかな~。

 そのすぐ先、だいたい位置的には前述のレストランの隣ぐらいにあるシャレた施設に参りますと、そこにあるのは丘の斜面に造られたエーデルワインの工場群。その一番下にある建物がワインのお店「ワインシャトー大迫」なんであります。

 んなわけで「スパークリングワイン」を購入し、眼下の盆地の底に密集する大迫の町並みを拝見し、ちょっと奥へ車を走らせてブドウ畑などを眺め、日常にはない風景を見、空気を感じ、一時を楽しませてもらいましたのよ。うーん、なかなか、よろす。

ワインハウス早池峰 - ブドウの木が植えられ通りワインハウス早池峰 - ワインシャトー大迫の売店
ワインハウス早池峰 - 店内ワインハウス早池峰 - 景色
ワインハウス早池峰 - ぶどう畑
宿泊は花巻市のホテル旅館一覧
©東北を行け 2014-17rw
投稿へ

レストラン・ベルンドルフ&ワインシャトー大迫(花巻市)


コメント

国際コンの「赤」部門で日本一 花巻・エーデルワイン

花巻市大迫町のエーデルワイン(藤舘昌弘社長)の「ハヤチネゼーレ ツヴァイゲルトレーベ樽熟成2013赤」が国際コンクール「第19回ジャパン・ワイン・チャレンジ2016」でリージョナル(国別)トロフィー賞に輝いた。同賞は金賞の中から各部門の国別最高賞計29点を選出。赤ワイン部門で国内最高評価を受けた同社は「熱心なブドウ農家と醸造技術がうまくかみ合った成果だ」と喜んでいる。授賞式は11月に東京都内で行われる。

(投稿者 匿名 さん / 2016年09月06日)

初夏にぴったり、限定エーデルワイン 花巻で出発式

花巻市大迫町のエーデルワインが手掛ける特別醸造限定酒「五月長根葡萄園(さつきながねぶどうえん) 白 2015」が1日に発売されるのを前に、製品の出発式が31日、同社で行われた。

 藤舘社長は「農家と一緒に丹精込めてつくった。出来栄えを味わってほしい」とあいさつ。ブドウ生産農家や販売関係者ら約60人が見守る中、ワインを積んだトラックが県内の卸業者や販売店へと出発した。

(投稿者 匿名 さん / 2016年06月02日)

「早池峰ヌーヴォー」1日発売 花巻・大迫で出発式

 ワインの醸造販売を手がける花巻市大迫町大迫のエーデルワインは30日、同社で2015年産特別限定新酒「早池峰ヌーヴォー」の発売出発式を行った。

 関係者ら約50人を前に、藤舘社長が「ブドウの特性を生かしたおいしいワインに仕上がった。多くの方に味わっていただきたい」とあいさつ。新酒を積んだトラックが県内の酒販店に向け出発した。

 新酒は早池峰山麓で栽培されたブドウを中心に醸造。

 種類はキャンベルの豊かな果実味が特徴の辛口の赤と、花のような香りとほどよい酸味が調和する甘口の白。1本720ミリリットルで1379円(税込み)。好評を受け、今年から各2千本を増産し、赤は約7500本、白は約6500本が11月1日から主に県内で発売される。

(投稿者 匿名 さん / 2015年11月01日)

エーデルワイン、国際コンで金賞 12年赤「メルロー」

 花巻市大迫町のエーデルワイン(藤舘昌弘社長)の赤ワイン「ハヤチネゼーレ メルロー樽熟成2012」が、オーストリア・ウィーンの国際ワインコンクール「AWC VIENNA2015」で金賞を受賞した。同コンクールでの同社の金賞受賞は4年ぶり。金賞の栄誉はフランス・ボルドー発祥の品種が地元に根付いた証しともいえ、関係者は驚きと喜びをかみしめている。

(投稿者 匿名 さん / 2015年10月02日)

ぶどう栽培でボランティア育成

ぶどうの栽培が盛んな花巻市で、栽培農家を手伝うボランティアの育成研修が始まり、参加した市民らが余分な芽を摘み取る作業などを体験しました。
花巻市大迫町は、県内有数のぶどうの産地として知られますが高齢化によって栽培農家の減少が進み、農協によりますと昨年度は125人と、その5年前の平成21年度に比べ27人減っています。
このため、花巻市では、栽培農家を手伝うボランティアの育成事業をスタートさせ、4日に開かれた初めての育成研修にはボランティアに応募した男女あわせて5人が参加しました。

(投稿者 匿名 さん / 2015年06月05日)

旧ワインハウス早池峰が再出発 花巻・大迫に新レストラン

 花巻市大迫町のエーデルワイン・サポート(藤舘昌弘代表取締役)は24日、同市大迫町の大迫ふるさとセンターで「レストランベルンドルフ」の開店披露パーティーを開いた。関係者約200人がワインと料理を楽しみ、門出を祝った。

 ベルンドルフは第三セクター早池峰観光が運営していた旧ワインハウス早池峰を引き継ぎ、エーデルワイン・サポートが今春から新たな指定管理者となったレストラン。5月1日に正式開業する。

 同社は第三セクターエーデルワインの完全子会社。エーデルワイン社長も務める藤舘代表取締役は「市の依頼を受けレストラン、ホテルなど周辺施設を一緒に運営する。愛される店づくりを目指す」と決意を述べた。

(投稿者 匿名 さん / 2015年04月27日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。