仙台の観光、アドゥマン

Home» 仙台の観光» 地図 / クチコミ
アドゥマン (仙台のパン)
〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目9-4 TEL.022-778-5489
営業時間 8:00~19:00、定休日:月曜日、第2・第4火曜
金時豆パン 130円、レモンクリームパン 160円、山型食パン一斤 250円
駐車場なし(少し下ったところに有料・公園駐車場あり)


 仙台は地下鉄・泉中央駅からすぐのところ、七北田公園へ行く途中にあるパン屋さん、Ademainと書いてどうしても読めない、おフランス系の名前らしい「アドゥマン」にやって来ました。

 そこは公園への取り付け道路的な、普段は人通りの少ない静かな道沿いのビルの1階。おや、お店はなんだか少し賑やかな様子‥。中に入ってみれば、お客さんの全てがマダムばかりで、オジサンのわたくしはとっても居心地が悪いのです。

 店の外と中の窓際に飲食スペースが設けられてあり、少々狭い店内には焼きたての食パンや菓子パン、そしてガラスケースの中には惣菜パンが並べられてありますね。マダム軍団攻撃の先制パンチを食らったこのオジサンは少々舞い上がった様子ながら、金時豆パンとレモンクリームパン、山型食パンを買い求めたのでございました。

 三斤を一塊で焼かれた山型食パンは一斤ずつ買うことができまして、それを一斤所望すると「お切りしますか?」と聞かれて「はい」「おしぼりはお一つでよろしいですか?」にも、ただ「はい」と発するのが(慣れない空間に迷い込んだ自分には)精一杯なのでありました。

 さて、家に帰ってから食してみますれば‥。
 山型食パン:お~、今までに出会ったことのないような、外側はフランスパンのように固く(ちょっとだけ)、中はやわらかで、全体がすこぶるモチモチの食感なのです。う~ん、旨い。何も付けない本来の食パンを楽しみたい風味。いや、何も付けたくない、そんなパンなのです。なるほど、人気のパン屋さんとはこういうものなのか~。大きさは普通の食パンの1.5倍ほど。
 金時豆パン:茶饅頭よりちょっとだけ大きい感じの、見て豆パンと分かる姿のパンをいただけば、とにかく豆が多しで案外(重量が)重たいのです。いや、おいしいですよ。
 レモンクリームパン:クリームチーズをふわふわにした感じで、とってもあたし好み、とMG氏が申しておりましたのよ。

 ‥えーと、最初は値段に対するパンの小ささに目を丸くしてしまいましたが、食べてみると重量が同じような気もしてきて、案外満足。あとは、お若い男女二人ずつの陣立てにて営業しておりましたです。
2016.04

p.s.
 翌日、昨日の残りの食パンを食べてみたところ、う~ん、何でもそうですけど、出来立て焼きたてが一番おいしいのだということを再認識した次第です~。

ちなみに、焼き上がりの目安(とりあえず今は)
8時~     菓子パン(あんぱん、クロワッサン等)
8時30分頃  ベーグル
9時30分頃  全粒粉の食パン、イングリッシュマフィン
10時頃    山型食パン
10時30分頃 カンパーニュ
11時頃    角食パン
12時分頃   バゲット
13時30分頃 菓子パン、カヌレ
14時頃    マフィン
宿泊は、仙台郊外のホテル一覧

©東北を行け! 2016