東北を行け 仙台の観光

産直 あじわいの朝(大和町)

、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

産直 あじわいの朝

(大和町)
〒981-3625 宮城県黒川郡大和町吉岡まほろば2丁目22-14 TEL.022-345-8010
宮城県産ひとめぼれ5㎏(新米)1680円
宮城県産つや姫5㎏(新米)1780円
栗おこわ 277円、おにぎり 277円
まるまるリンゴパイ 180円(半額で購入)
だんご・3本入(うるち米)389円
焼きたて出荷ピーナッツ/東北みやげ煎餅㈱ 個包装16枚(かけあり)298円
(全て税抜き価格)
あじわいの朝・大和町 - お店の外観あじわいの朝・大和町 - 店内
あじわいの朝・大和町 - おこわ・おにぎりあじわいの朝・大和町 - もち
あじわいの朝・大和町 - りんごあじわいの朝・大和町 - ぶどう・梨
あじわいの朝・大和町 - ハックルベリーあじわいの朝・大和町 - パパ好み
あじわいの朝・大和町 - 米あじわいの朝・大和町 - バフンケーキ
あじわいの朝・大和町 - これ買いましたあじわいの朝・大和町 - チョットアップ
 10月、雨の日の午前中、お米を買い求めようかな~と思い、こちらの「農家のお店 おてんとさん 新鮮野菜直売所 あじわいの朝(大和町)」にやって参りました。と、お店は大崎市にある農業用品を販売する会社が経営するもので、宮城県内に12店舗ある販売所では、農業用品と一緒に地元の農産物の直売所も営んでいるようなのです。

 そんなわけで、いつもネットかスーパーで買っているお米なんでありますが、今回はこのお店の調査がてら、お米を買いにブ~ンと。仙台の近くだと名取や利府にもあるのですが、ちょっと大きめのお店をと考え、こちらに‥。

 にゃ、気づけばMG氏が先頭を闊歩、いや水を得た魚のように小走りに突撃して行きまするぞ~(小雨だったし~)。

 さて、店内に入ってみますれば、そこはとっても大きな空間。で、お店の奥側半分が農業用品が置かれてあり、手前半分が農産物直売所に。そしてお目当てのお米は、ほほう、なかなか買いやすいお値段。他のネット販売と比べればかなり安く(送料無いから)、またスーパーの安売り時と同じくらいの値段かな~と。

 これが、本場、米どころの品物と来たもんだから、買わずには居られませぬよね~。「ひとめぼれ5㎏」と「つや姫5㎏」をカゴにヨッコイショ。

 あと自分用に、ずっしりと重い「ダンゴ」と「栗おこわ」。後で食べてみたら、栗は要らなくて「おこわ(みやこがね使用)」だけのを買えばよかったかな~とも‥。あ、ダンゴは「もちべえ」のであり、本物の「今日中に食べよ」の餅でありました。

 それから、ラジオCM(たまにテレビCM)で聞いたことがある「古川名物 パパ好み」があったり、昔、騙されて田んぼの中にあるお店まで買いに行った「バフンケーキ」があったりと、色々楽しめるお店なのでありまするよ~。

 ちなみに、南部せんべいだと思って買った煎餅が、なぜか「ピーナッツせんべい」としか書かれていなく‥。あれ~、どういうこと~、と思ったら「南部せんべいの名称は、岩手県南部煎餅協同組合の商標登録」とのことで、買ったのは青森県の東北町産のもの~。んー‥。
20

p.s.
 後日、食べてみた「ピーナッツせんべい」は、さすがに南部地方のもの、ちゃんと美味しいものでありました。これと同じ「南部せんべい」っぽいもので、別の商品も置いてあるのでご注意を。

 そのまた後日、開けてみた「つや姫」は、光沢のあるキレイなお米。炊いて食べてみましたら、そりゃもう美味しくないわけがございませぬ~。
宿泊は仙台市のホテル一覧
©東北を行け , Update:2020/10/19