東北を行け
麺創房 暁、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

麺創房 暁

(多賀城市)
〒985-0871 宮城県多賀城市留ケ谷1-44-3 TEL.022-309-8755
駐車場 店脇の暁と書いてあるところ
暁そば しお 680円
麺創房 暁 - お店の外観麺創房 暁 - 店内
麺創房 暁 - 暁そば しお麺創房 暁 - 麺
麺創房 暁 - メニュー
 多賀城の裏通りの静かなお店「麺創房 暁」にやって参りました。店内に入れば、そこは外見と同じようにちょっとシャレた造りで、オジサンとオバサンとで営業している模様。

 まあ何か「暁そば しお」があっさりしていておいしいと聞きそれを‥。待っている途中、奥でガーッという音がしたので振り返ったら、バーナーで丼の表面を焼いているようなのです。と、出て来たラーメンは頂上に乗った糸唐辛子が特徴的で、チャーシューに焦げ目が付いているのは、先程のガーッの跡なのでしょう。

 まずスープをすすってみたら、これが意表をつく濁ったもので、かなりの煮干し風味が漂ってきたのです。そしてまたスープの量が少なく、まるでつけ麺のようにも‥。事前に画像を見たときに「透き通ったスープ」と勘違いしたのは、スープが無かった(見えなかった)からなのですね~。ガクン。あ、メニューに「あっさり」と書いてあるのは社内比かと。

 その麺をすすってみたら、黄色っぽい味のある美味しい麺で、つけ麺のように少なくて濃い味のスープをからませてすすれば、マンザラ悪くもございません。で、なんか知りませんがピーン!と、今は無き「蕃山」のことを思い出してしまったんですよね~。同じ多賀城だし、もしかして何か共通するものがあるのでしょうか。

 それからチャーシューは、よく煮込んだというよりは、案外ブタ肉本来の味に近いような‥。あとは丼に残ったスープをすすっていたら、柚子の香りがブワ~ンとして来ましてね~。最後にこれを匂わせるなんて、ちょっと粋なはからい。その他の具材は白髪葱、細切り昆布、海苔、柔らかくて甘くて長いメンマ。全体の満腹感は、軽めだす。
2017.01

宿泊は多賀城市のホテル旅館一覧
©東北を行け 2017
投稿へ

麺創房 暁(多賀城市)


コメント

コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。