宮城の観光、気仙沼湾・浮見堂

Home» 宮城の観光» 地図 / クチコミ
神明崎浮見堂・猪狩神社(気仙沼湾)
宮城県気仙沼市魚町地内 TEL.なし
駐車場・トイレは魚浜公園・無料駐車場を利用





 気仙沼湾をちょいと散策へ。

 気仙沼湾の最奥部・西岸は、北の「魚浜公園」から南の「海鮮市場・海の市」まで、海沿いを歩ける散歩コースが設けられておりまして‥。で、その湾の中心部には浮島のように浮かぶ小さな”でっぱり”の神明崎と呼ばれる場所があり、浮見堂や五十鈴神社、猪狩神社などがある市民の憩いの場所にもなっているのです。

 して、北の「魚浜公園」から南へ、歩いて海沿いを行くと、岸に沿って赤い遊歩道(浮見海道)が続き、そこは子供達が釣り糸をたらし、お爺ちゃんを引っ張る犬が闊歩する、まぶしい朝の景色がまるで演出でもしたかのように。また、海水も意外にキレイで、身も心も洗われるようで‥。こういう所で、晩のオカズを釣りながら暮らすのも、悪くはありませんですね~。

 先へ進み、でっぱりの先端付近の浮見堂という東屋風の赤い建物付近に来ると、なかなか良い感じの恵比寿様が立っておられ、ほほう、釣り上げた鯛の像も良い味わいですな~。

 と、そこから神社へ上る岩山の階段を行きますれば、辺りを見渡すその眺めがよろしく、また風雨にさらされて味わい深くなった猪狩神社も良い雰囲気に‥。その社殿に施された彫刻も、見事なものですぞ。あとは、奥の鳥居の先に管絃窟という波の音を響かせる穴もあるらしいですね~(今はもう音がしなくなったと)。

 はい、そこからまた中心部の方へと、歩いて行けるのですが、なにぶん今日は寒くて体が冷え、暖かい所へ行きたくなって、撤退。

 いやいや気仙沼は案外楽しめるところが数多くあり、どうしてそうなるのと思わせる気仙沼女子高のカマボコ屋根、古い趣きのある町屋、クレーンが立ち並ぶ造船所郡など、見どころ満載の港町、気仙沼なのでございました。
2009.12

p.s.
 3.11大震災後は、上記の風景は変わってしまっているものと思われます。ただ、神社部分は少し高いところにあり、津波は免れたものと。

宿泊は、気仙沼のホテル旅館一覧

©東北を行け! 2010-17rw