東北を行け
光華飯店、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

光華飯店

(角田ブラックラーメン)
〒981-1505 宮城県角田市角田字泉町62-1 TEL.0224-62-1389
ラーメン 550円
光華飯店 - お店の外観光華飯店 - ラーメン
光華飯店 - メニュー
 新しくてピカピカの阿武隈急行・角田駅に「ほほう」と驚き、その駅前通りのひと気のなさに寂しさを覚え、その横丁にある角田の老舗「光華飯店」へ、わざわざ遠くからやって来たのです。

 で、斜め向いにある駐車場からお店の方へ歩きますと、その二階の窓からはウルトラの家族が辺りを警備中‥。ありゃ~と思いながら突進しますと、まだお店に入っていない道路上にて、店内からの威勢の良い店主の声が聞こえてきましてね~。

 初夏の陽気に窓を開け放たれた広い店内には、角型と丸型のテーブルが幾つか並べられ、店名通り、中華的な雰囲気で溢れておりました。先客の居る丸型テーブルに相席させてもらい、表が麺類、裏がご飯物のメニュー表から、ごく普通にラーメンを注文。待っている間、辺りを観察していると、もやしタワーの乗ったラーメンが運ばれたりで、意外と”いかつい”ラーメン屋さんのようなのです。

 しばらくして出てきたラーメンを見てビックリ。うぉー、ク、黒いぞ~。その黒いスープの中心部に乗った、異様な黒い物体がメンマ。して、漬物のように濃い味のチャーシューを食べながら、ハリガネのように硬い麺を口に押し込むと、もうたまりませぬ~。その濃い色の醤油スープは、何度すすっても正体が分るすべも無く、勝手に「こりゃ焦がし醤油だな~」と思い込み‥。

 まー、凄い。こんなラーメンが宮城にもあったとは‥。世の中まだまだ、色んなことが待っているものなんですね~。感激‥。

宿泊は角田市のホテル旅館一覧
©東北を行け , 18rw