東北を行け
緒絶川の藤棚と食の蔵・醸室、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

緒絶川の藤棚

(大崎市)
宮城県大崎市古川緒絶川沿い
1㌔区間に12基の藤棚、古川ふじまつり期間中(今年は5/8~5/22)は夜のライトアップも
駐車場:平日は有料駐車場利用で、土日は市役所のが利用可と市の案内に‥。なので今回は少し離れた諏訪公園(古川黎明高校の東)のを利用。
緒絶川の藤棚 - 案内板緒絶川の藤棚 - 街並み
緒絶川の藤棚 - 緒絶川緒絶川の藤棚 - コイ
緒絶川の藤棚 - 通り1緒絶川の藤棚 - 通り2
緒絶川の藤棚 - 藤棚1緒絶川の藤棚 - 藤棚2
緒絶川の藤棚 - 藤棚3緒絶川の藤棚 - 藤棚4
 毎年5月になれば「緒絶(おだえ)川のフジの花が満開になった」とのニュースが流れ「ほほう、行ってみたいものだな~」と毎年うらやんでいた春の日。年をとるにつれて、すこぶる花が恋しくなってしまったこの頃、ついにやって来たんでございまするのよ。

 市の中心部を流れる小さな小さな緒絶川沿いは、いちおう遊歩道的に整備されており、川の小道に沿うように中学校や小学校、更に幼稚園までが続き、そこを歩けばそれらの学舎からガヤガヤとざわめきが聞こえてきたり、お昼の校内放送が聞こえてきたりで、また園児の散歩に出くわし、なんだかホノボノとしてしまうのです。

 さて緒絶川沿いをゆるり下りますと、川の所々の上空には、姿の良い藤棚がチラホラと見られます。近づけば見事な(いや少し期が過ぎたか雨が少なくてお疲れ気味の)紫色の藤の花がシャナリ。そしてプワ~ンとブルーベリーにも似た甘い香りに包まれます。うーん、すがすがしや~。眼下の水中に目を向ければ、ほどほどに大きな錦鯉が悠悠と泳いでおり、エサ欲しい目でこちらを見つめておりまするのよ。

 んー、今年の藤の花はイマイチかもしれませんが、この緒絶川沿いの小道がマンザラ悪くもないんですのよ。晴れた日のこの季節は特に‥。

 だいたい、中間ぐらいまで来ると下記の醸室(かむろ)の建物群の隣に出てまいりまして、そこからまた下流へ進むと、ここで一番大きくて見事な藤棚(10番)が雄姿を現しまするよ。おや~、白い藤もありや。

 そのお姿には誰もが感嘆、こりゃ凄いぞ~。おそらくこの町内会の自慢の藤の花に違いなく、脇の倉庫には”川友会”の文字がさりげなく‥。どうもお疲れ様です。いつもありがとうございます。


食の蔵・醸室

〒989-6153 宮城県大崎市古川七日町3-10
駐車場:施設内10台、専用駐車場20台
 さて、せっかくなので「食の蔵・醸室」にも立ち寄ってみると、おや、どうやらみなさんここに車を止めて藤棚巡りをしているみたいですね。(駐車場案内の画像の下2つは状況から有料なんじゃないかと)。

 お昼なので、とある1軒にてラーメンとチャーハンをば頂きました。まあここは市役所にも近く、その職員さんがお昼にわんさか押しかけるようです~。

 蔵のような建物が並ぶ界隈を一周してみますと、餅、蕎麦、ひっつみ、油麩うどん、お土産など、観光地的な施設がゾロゾロ。何気なく歩いていたら足元でニャ~の声がして、見ればブチ猫君だすな。

p.s.
 ちなみに、緒絶川を泳ぐコイは祭り期間の最初に放流されたもの。川の中にコンクリートで深い場所が造られているのは、水かさが少なくなったときの避難場所なんだと。(‥通りがかりのオジサンに教えてもらいました)。

 あと、先週末に”ふじまつり”が始まったというこの月曜日。なのに、もう満開が過ぎてしまったかのような花の勢い。気候の変化が激しい近年。この”ふじまつり”の運営も大変でありまするよ~。

緒絶川の藤棚 - 食の蔵・醸室1緒絶川の藤棚 - 食の蔵・醸室2
緒絶川の藤棚 - 食の蔵・醸室3緒絶川の藤棚 - 猫
緒絶川の藤棚 - 案内板緒絶川の藤棚 - 駐車場案内
宿泊は大崎市のホテル一覧
©東北を行け 2015
投稿へ

緒絶川の藤棚(大崎市)


コメント

フジの花見ごろ

 大崎市古川中心部を流れる緒絶川沿いのフジが満開となり、川に架けられている藤棚が見ごろを迎えている。夜間は連日ライトアップされており、紫色の花が照らし出される幻想的な風景が通行人の目を楽しませている。ライトアップは31日まで開かれている「醸室(かむろ)藤まつり」の一環で実施。午後6時半から同10時まで、千手寺橋から川畑金谷不動尊まで約1・2キロの藤棚で行われ、花が散り次第終了する。

http://www.osakitimes.com/R/index2.html

(投稿者 匿名 さん / 2016年05月17日)

清流化に願い込めてコイ放流 大崎市古川の緒絶川

 大崎市古川中心部を流れる緒絶川を、きれいにしようと活動する緒絶川荒川清流化促進協議会は12日、近隣の幼稚園の園児や住民などが見守る中、緒絶川に色とりどりのコイ50匹を放流した。昔ながらの美しい清流を取り戻そうと、同協議会が「古川ふじまつり」(同実行委員会主催)の一環として、毎年実施しているイベント。コイは山形県から取り寄せた体長30~40センチほどの「落ち葉しぐれ」や「昭和三色」など約10種類。

http://www.osakitimes.com/R/index2.html

(投稿者 匿名 さん / 2015年05月15日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。