東北を行け
万葉 おおひら館、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

万葉 おおひら館

(大衡村の産直)
〒981-3602 宮城県黒川郡大衡村大衡字鐙沢12-2 TEL.022-343-7288
おにぎり(しそ・味噌焼き)200円、五色だんご(大崎市のもちべぇ/消費:当日)650円
ミニトマト 180円、白菜漬け 220円、リンゴ サンフジ(小6個 )400円
里芋 ‥忘却。
万葉 おおひら館 - 施設の外観万葉 おおひら館 - 館内
万葉 おおひら館 - トマト詰め放題万葉 おおひら館 - サツマイモ
万葉 おおひら館 - リンゴ万葉 おおひら館 - トマト
万葉 おおひら館 - 餅万葉 おおひら館 - ダンゴ
万葉 おおひら館 - おにぎり万葉 おおひら館 - 漬物
 大衡村のトヨタ自動車・東日本の隣り、大衡万葉クリエートパーク内にある農産物販売所「万葉 おおひら館」にやって来ました。

 と、うぉー、凄い凄すぎる~、そのちょっと荒涼して殺風景なる、開けた土地空間。辺りはだだっ広くて、ほとんど車の走らない道路が片側2車線あり~の(まだ発展中だから)。この辺りは仙台北部中核工業団地という所で、まあ、道路やら区画やらが理想的に造られているようなんでして‥。おや、隣りの広々パークゴルフ場には人がメッタリと。もしかして最近、パークゴルフって流行っているんすかぁ。

 して、できたばかり(とはいっても数年前)のこの産直売場はまだ新しくてキレイで、山の幸から海の幸までの(クジラ肉も売っていた)、幅広い品揃えなのでありんす。で、その中から今日は、不揃いミニトマト、リンゴ、白菜漬け、里芋、あとはお昼用におにぎり(しそ・味噌焼き)と五色だんご(古川のもちべぇの)を買い求め、ニコニコと帰宅致しましてね~。

 さて、その五色だんごは期待以上においしく(ハードル下げていたかも)、甘さ控えめでも、ちゃんと満足のいく旨さのダンゴなんでございます。まあ、量的には、お昼ならダンゴ3本とおにぎり1個ぐらいが、自分にはちょうどよいくらい‥。

 んと、そのなかで特筆すべきは「しそ・おにぎり」。その青いシソの葉で包んだご飯には、シソの青い実が混ぜてあり、食べるとプチプチと弾けて清々しく、最後の締めには中心部のラスボスの梅が登場致しまして、はい。んー、このおにぎりが一年中あったら最高なんですけれど、それはどうか‥。

 あとは、地元産りんごと思われるサンフジにはミツが入っており、ミニトマトも鮮度よし(フルーツトマトではなかった)、白菜漬けは超薄味の浅漬け(そのうち塩っぱくなってくるでしょ)、そうそう、何といっても芋の子汁が美味しかったでございます。

 そうですな~、今日の我が家には、ほんの少し日常から離れた食卓が出来上がりまして、ちょっとだけ新鮮な気分になりましたのよ。あ~、こりゃこりゃ。

宿泊は大衡村のホテル旅館一覧
©東北を行け