東北を行け
太田屋もち店、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

太田屋もち店

(塩釜)
〒985-0025 宮城県塩竈市佐浦町7-13 TEL.022-362-3836
駐車場 道路向かいに2台有(でも、たいてい店前にちょこっと)
おはぎ5個入(あんこ3,ごま2)780円
太田屋もち店 - お店の外観太田屋もち店 - 通り
太田屋もち店 - 商品棚太田屋もち店 - おはぎ
 西塩釜駅の駅裏、ほどほどに車が行き交う通りにある、”おはぎ”がおいしいらしい「太田屋もち店」にやって来ました。律儀に店の向かいの駐車場に四苦八苦で車を止めようとしておりますと、来るわ来るわのお客さんが、店の前にサッと車を止めてサッと買って帰り‥、もう慣れたもんでございますのよ。

 やっと車を枠に押し込めてお店に向かうと、あれ、中はなんだかあんまりお店らしくはなく、ただの倉庫のような殺風景な雰囲気。またそこではお婆ちゃん達がガヤガヤとして、オシャベリに夢中のようなのです。

 商品は飾り気のない普通のテーブルに積まれ‥、おや、おはぎを買いに来たところが、大福餅もあるのを見つけ、んー、大福も捨てがたいぞ~と。でも、どれもバラ売りはできないそうで、しかたなく今回はおはぎ一本勝負にて。え?「なんでそれだけ!」って、意外と一個一個が大きいんですわな~。

 えーと、この品揃えにあのお客さんの数だと、午前中には売り切れるのかも~。

 家に帰ってから食べてみれば、アズキのおはぎにはアンコが1cmぐらい乗っかっていて、案外甘さが控え気味。が、何やらコクがあって旨し。だいたい、おはぎは料理の部類だと思われますが、このおはぎは和菓子に半分足をつっこんでいるような、そんな香りとそれらしい甘味もありまするぞ。そしてゴマも何やら工夫があるようで、普通のものとはひと味違う風味が‥。うん? 最初に見えた白い部分、これは塩釜の塩ゴマなんですな~。

 はい、朝買って夕方に食べても、まあまあ大丈夫みたいでした。

宿泊は塩釜のホテル一覧
©東北を行け , 17rw