東北を行け
そば処 更科(さらしな)、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

そば処 更科

(塩釜のラーメン)
〒985-0003 宮城県塩竈市北浜1-4-67 TEL.022-362-1638
中華そば 520円、駐車場 斜め向かいに有り(段差が大きいので‥)
そば処 更科 - お店の外観そば処 更科 - 店内
そば処 更科 - 中華そばそば処 更科 - 麺
そば処 更科 - メニューそば処 更科 - メニューそば処 更科
 塩釜の町の中、住宅街にお店が点在するような、静かな裏通りにある蕎麦屋さん「そば処 更科」にやって来ました。あ、ここは蕎麦屋さんなんですけど、実質ラーメン屋さんみたいな‥。

 店の向かいにある駐車場から歩いて突進すると、おや、何やら辺りに甘いような魚ダシの匂いが漂っておりまするぞ~。で、店内に入ってみれば、やっぱしその大もとは、ここだな~と。震災から再建したばかりのお店はまだ新しく、テーブル6席に小上がりの大が3席。まだ全然お昼には早いという時間なのに、お客さんがチラホラと来ており、お昼時には大繁盛の兆し有り~。

 して、メニューから筆頭の「中華そば」を注文致しますれば、程なくお品が運ばれ、一丁上がり。見ると、何だか景色が茶色っぽく、うん? 味噌ラーメンじゃないよね~みたいな‥。それからスープを一口、ゴックン。おや、これは魚ダシなんだけど、あまり飲んだことのないような風味をかもしており、少しショッパ味もあるしょう油味のもの。んー、あの煮干し(イワシ)ダシとはちょっと違うみたいですな~。‥聞くところによるとサバ節使用なんだとか。

 その黄色くてツルッとしたストレート麺が、モチモチした食感で、これも個性ありや~。あと、整った味のメンマ、ちょいしょっぱいチャーシューがおいしく、なかなか他にはない「ほほう」と唸りたくなる味わいのラーメンなのでありました。

 んーと、これはそんなにインパクトのあるラーメンではありませんが、これを食べて育ったなら、サケのように4年に一度(いや毎年)帰って食べたくなる味でありまするな~。

宿泊は塩釜のホテル旅館一覧
©東北を行け , 17rw