東北を行け
十勝屋(とかちや)、突進レポ
Home > 仙台の観光 >

十勝屋

(仙台市)
〒981-8003 仙台市泉区南光台4丁目20-4 TEL.022-234-5500
かしわ餅(3ケ入)330円、焼きだんご(3種6本)520円、甘納豆(白花)480円
十勝屋 - 通り十勝屋 - お店の外観
十勝屋 - 棚十勝屋 - 焼きだんご
十勝屋 - かしわ餅十勝屋 - 甘納豆
 おいしい大福餅が食べたくなって、仙台市の北の住宅地&商業地、南光台の裏通りにある「十勝屋」へ、ちょっと行ってみたのです。

 店前の張り紙には「塩えんどう、まめどら、柏餅、甘納豆」との表示があり、またそれとは別に特段に大きく「焼・だ・ん・ご」の掲示が‥。中に入ってみると、端にせんべいやらゴチャゴチャしたものがありますが、ほとんどを占めるのが自慢の甘納豆。んー。

 そこへ出ていらっしゃったご主人が「何にしますか?」と‥。餅のことで頭をいっぱいにして来たもので、思わず口をついて出た言葉が「豆大福ありますか?」。それに応答したご主人は「豆大福は作っていません。今は柏餅とだんごをやってますが、今日はもう売り切れました」と‥。が~ん。

 どうやら、こちらのお店は甘納豆がメインのようで、餅類は気まぐれに買いに来るご近所さん用に少しだけ作っているようなのです。そんな訳で、数日後の午前中に再突撃して、柏餅、焼だんご、甘納豆を買い求めて参りましたのよ。

 十勝屋の文字入りビニール風呂敷を開けてみると、香ばしい焼き団子の匂いがしてきて、食べてみれば、とてもおいしいのです。ただ、それは予想内のおいしさで、みなさんに特段勧めるべきものではないようにも‥。売ってないことも多いし‥。

 ところが、次に自慢の甘納豆を食べてみたところ、これが誠においしいではありませぬか。甘く煮詰めたにもかかわらず、豆の風味を損なうこともなく、またごく自然なおいしさで、買って帰った人々を楽しませるのです。これだけ甘いものを食べた後だったのに、嫌な気がぜんぜんしないから不思議。

 ‥ちなみに甘納豆を自分で買ったのは。子供の頃、近所にあった「駄菓子屋の甘納豆くじ」以来でございます。みなさん(の一部の方)も思い出したでしょう、10円玉を握りしめて汗ばんだ手、はやる気持ちに耐えられず転びながら急いだ近所の駄菓子屋。ドキドキしながらめくったクジが「スカ」。ハズレというなまやさしい言葉ではなく、人生の厳しさを教えるかのように無情に目に飛び込む「スカ」の文字。今では遠い昔、お店のオバちゃんも、もういなくなった‥。

宿泊は仙台郊外のホテル一覧
©東北を行け , 17rw