東北を行け
藤治朗、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

板そば・藤治朗

(中山平温泉)→ ※2018.03 閉店
宮城県大崎市鳴子温泉星沼6-1 TEL.0229-87-2322
板そば 850円、1人1個、蒸し玉子無料
藤治朗 - 通り藤治朗 - お店の外観
藤治朗 - 店内藤治朗 - 板そば
藤治朗 - メニュー
 中山平の鳴子ラドン温泉の隣に、いつの間にか出現していたお店「手打ち板そば・藤治朗」に立ち寄ってみました。すると、ありゃ、お店の前に足湯ができたり、温泉たまご屋さんがあったり、以前に来たときの鳴子ラドン温泉とは、まるで別人のようになっておりましたのよ。

 どっこいしょと、お蕎麦屋さんの暖簾をくぐってビックリ。この平日の昼、既にお客さんでいっぱいで、3名が入り口のベンチに座り、順番を待っているところ。店内を見渡すと、宿の浴衣を着たご夫婦がいらっしゃったりで、どうも下の湯治場からもご来店のようなんですね。

 少し待って順番到来。席に着き、直球勝負の板そばを注文してみます。少しして出てきた蕎麦を、とりあえず何も付けずに一本食べてみると、ほほう、ほんのり小麦粉の香りもある二・八そばのようで‥。それをめんつゆに付けて食べれば、ちょうど良い塩梅のつゆとカツオダシの香りとマッチし、美味しゅうございます。何故か勝手に付いて来たカラッと揚がった山菜天ぷらも、おいしくてごっつぁんです。

 特筆すべきは、この蕎麦の腰の強いこと。いつもはササッと食べ終え、ちょっと物足りなさを感じる自分ですが、噛むのに時間がかかり、満腹中枢も満たされたよう。MGは「もう少し細く切ればいいんじゃないのぉ」と独自理論を展開中‥。

 そういえば、少し前にテレビ番組(ザ!鉄腕!DASH!!:城島さん)がこの店を紹介していて「温泉水を使用した蕎麦」と紹介していたような‥。
2010.05

宿泊は中山平温泉のホテル旅館一覧
©東北を行け 2010-17rw