東北を行け
中華飯店・靉龍(うんりゅう)、突進レポ
Home > 仙台の観光 >

中華飯店・靉龍

(仙台市)
〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4-8-1 花園レジデンス1階 TEL.022-299-1940
タンメン 700円、五目ヤキソバ 700円
中華飯店・靉龍 - お店の外観中華飯店・靉龍 - 店内1
中華飯店・靉龍 - 店内2中華飯店・靉龍 - タンメン
中華飯店・靉龍 - 五目ヤキソバ中華飯店・靉龍 - メニュー
 仙台駅の東口の、静かな裏通りのマンションの1Fにある、「中華飯店・靉龍」にやって来ました。

 中に入りますと店内は意外に広く、普通の中華屋さんの2倍くらいの広さのある、大きなお店。すぐさま威勢のよい女将さんに景気良く案内され、奥の大きなテーブル席へ否応なしに割り振られ‥。もうすぐお昼、なるほど5分も経たないうちにサラリーマンの聖地と化し、店内はテンヤワンヤの大騒ぎ。と、座敷席にある小規模の丸テーブルは、会社毎の団体さんが占有するようなのでありまして‥。

 して、久しぶりに「タンメン」を頼んでみると、やっぱり野菜てんこ盛り。それで底の麺を引きずり出して食べてゆくと、塩味の野菜スープと麺が相性良く絡み、間違いのない美味しいタンメンに‥。いや~、この野菜の多さに感激、野菜摂取ならタンメンに限りますな~。旨いです。

 んと、MGが食べた「五目ヤキソバ」は、何しろ量が半端なく、「男の世界を感じた」そうでございます。味は普通においしいとか‥。あとは、部屋の隅に重ねてあった紹興酒の樽が気になりまするよ~。

p.s.
 いったい何がどうしてこうなるのか、どのお店へ行っても、”タンメンってこんな味”が、ちゃんと共有されてありましてね~。

宿泊は仙台のホテル一覧
©東北を行け , 18rw