東北を行け
中尊寺、突進レポ
Home > 岩手の観光 >

中尊寺・金色堂

〒029-4195 岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202 TEL.0191-46-2211
拝観料 800円(金色堂、讃衡蔵共通)
中尊寺・金色堂 - 下界の駐車場中尊寺・金色堂 - 寺への坂道
中尊寺・金色堂 - 茶室、松寿庵中尊寺・金色堂 - 風景
中尊寺・金色堂 - 中尊寺の門中尊寺・金色堂 - 中尊寺
中尊寺・金色堂 - 覆い堂中尊寺・金色堂 - 金色堂
 奥州・藤原氏が栄華を極めた平泉、その中でも金色堂で有名な中尊寺に、久しぶりにやって参りました。

 短いですがちょっとだけ中尊寺の話をしますと‥、大きく育った杉並木の坂を上って行きますれば、10~15分くらいで金色堂のある山の上方に到着します。山全体が中尊寺そのもので、途中あちこちにお参りできる社があり、ゆっくり散策しながら行くことが、本来の拝観の楽しみ方だと思われます。

 ここは金色堂がある覆(おお)い堂に入らなければ無料ですが、ここまで来て入らない訳にはいきません。金色堂(撮影禁止でパンフの写真掲載)には、以前、金箔を塗り直したばかりの時にも来たことがあるのですが、その時よりも風格が加わって、よりおごそかな雰囲気になっておりました。‥仏像の下には、実際に藤原三代のミイラが眠っているそうなんですね。

 季節外れの初冬の中尊寺は、訪れる人も少なく閑散とし、繁忙期の栄華がウソのように静かなのでありました。

※追記)
 2011年、現在は中尊寺付近をバイパスする新しいR4もできて、大変便利に‥。以前は、中尊寺の行事などがあったりすると、動脈のR4が渋滞して、大変なことになっていたのですよね。

 2011年6月世界文化遺産登録へ

宿泊は平泉のホテル旅館一覧
©東北を行け , 17rw