東北を行け
蔵王キツネ村、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

蔵王キツネ村

(宮城蔵王)
〒989-0733 宮城県白石市福岡八ッ宮字川原子11-3 TEL.0224-24-8812
入場料 大人700円、小人 400円
蔵王キツネ村 - 施設の外観蔵王キツネ村 - 一般動物エリア
蔵王キツネ村 - キツネエリア蔵王キツネ村 - キツネ小屋
蔵王キツネ村 - 銀狐蔵王キツネ村 - 休憩所
 「蔵王キツネ村」は、蔵王山腹にある民営の"そんじょそこらには無い"、極まれなキツネの村なんです。入口の「きつね100匹放し飼い」の看板に惑わされなくとも、これほどのキツネ村は見た事がありませぬ。まあ、北海道の2つくらいしか見てない、私の言うことですけどね‥。

 館内に入ってすぐは売店兼受付になっており、その奥の扉を開けると、前座的な「うさぎ、ヤギ、カラス」の飼われている広場があり、そしてそのまた奥の柵を開けると、いよいよキツネワールドの始まりなのです。

 実は数年前にも来ており、そのときは本当にビックリしたのです。エサを持って中に入ると、いきなり数十匹のキツネに取り囲まれ、今にも飛びかからんばかりの野生の形相で、私を睨むキツネの顔、顔、顔~(え! 放し飼いってこういうこと~)。ビクビクしながら恐る恐る歩き出すと、私を睨みつつ取り囲んだままの状態の一団が、ゾロゾロと動き出す映像が‥。

 そうそう、時代劇で悪の軍団がヒーローを取り囲み、ヒーローが2,3歩動くと、そのまま軍団も動くみたいな感じで‥。とっさにエサを隠し、知らん顔で歩き出して、やっと勘弁してもらったものだったのです。

 それから丘の上に行くと、金網の囲いがあり「この中には絶対に入らないで下さい」と書いてあるのですが、なんとそのドアは開いており、中にちゃんと怖い顔のキツネがいらっしゃるではありませぬか~。‥と、思わず後ずさりし、身をかがめ、逃げ帰ったのを思い出しました。

 ということで、今回はエサを買わずに突撃。あいかわらずキツネは(私には)恐いのですが、エサの匂いがしないのか、キツネ達はちょっと見るだけで鼻にもかけません。たぶん、前回よりかなり経つので、人慣れしてしまったのかも知れませんね。あー、今日は”無事に帰れて”えがった~。

 帰る時ふと見れば、エサを持ったカップルが中に入るのを見かけましてね~。彼等がその後どうなったのかは、見ないことにしておきましょう。もし、みなさんが行くことになった時には、必ずエサを持って入ってくださいね~。それが人生の醍醐味というものなのです。

 えーと、銀ギツネ、キタキツネ、プラチナキツネ、十字キツネ、北極キツネ、青キツネがいると書いてありましたよ。

メモ)
 1990年にオープン。キタキツネを中心に6種250匹を飼育し、うち150匹は放し飼いにしているそうです。最近は外人(欧米)観光客に人気なんだとか‥。あ、そうそう、1日4回、別料金の抱っこ体験もあるそうで。
p.s.
 「キツネに手を出すと100%噛まれる」と施設の奥さんが語っておられました。どうも、食べられるかどうかを確かめているんだとか。また「噛まれても自己責任」みたいな表示が入り口に‥。あと、別途さわれる(慣れた)キツネもいるようですね。
p.s.2
 最近は「キツネ村場内で、フィギュアとのツーショット写真などを撮っていらっしゃるお客様へ。誤飲事故がありますので、ご遠慮いただければと思います」と注意喚起しているようですね。2017.03

宿泊は宮城蔵王のホテル旅館一覧
©東北を行け , 17rw