東北を行け
すし哲、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

すし哲

(塩釜)
宮城県塩竈市海岸通2-22 TEL.022-362-3261
駐車場あり
にぎり上 2100円、にぎり中 1365円、毛がに味噌汁 420円
すし哲 - お店の外観すし哲 - 隣の鮮魚店  塩釜にある有名なお寿司屋さん「すし哲」にやって参りました。(当時はネットの情報も少なく)小ぢんまりとした小さな寿司屋さんをイメージしていたのですが、来てみると全然違うのです。そこは5階建ての立派なビルで、刺身居酒屋的な雰囲気の、明るい感じのお店なのでありました。

 隣には鮮魚店(及びマグロ)が並び、この寿司屋も鮮魚店も沢山のお客さんが訪れているのです。写真は食後に写した土曜日のお昼ごろ。お店前にいっぱい並んでまするな~、お客さん。


 開店してすぐの11時に突進してみますと、店内にはもう既に7割ほどのお客さんが‥。私どもは3階の2~6人程用のテーブル席が並ぶ部屋に通され、そこにはカウンター席もあったのですが、それを避けて2人用テーブルへと着席。と、その3Fにも板前さんがいて、すしを握っているんですね。

 テンション上がり気味の観光客なら特上寿司を頼むところでしょうが、日常モードの貧乏人2人はとりあえず「にぎりの上」と「にぎりの中」と「毛蟹味噌汁」を‥。すると、10分くらいでそれらが運ばれて参りました。

 その寿司の乗った大きな皿は見た目もきれいで、寿司がとてもおいしそうなのです。食べてみると、こりゃうまい。今まで食べた寿司とは、何かが違うようにも感じてしまいます。ネタがやわらかく、甘いテイストもあり。安い方の「中にぎり」でもネタは良く、種類が違うだけ。

 最近では回転寿司でも新鮮なネタが使われていて、仙台だと「旨い鮨勘」なんかも旨いのですが、それらとはちょっと違うようにも。シャリはちょっと色が付いたもの(赤酢使用か)。

 毛蟹・味噌汁は普通に旨い汁で、毛蟹の身の詰り具合が良く、良い素材を使っているのが分ります。食後に出て来たラフランスの自家製シャーベットが旨いこと。さすがに何でも一流なんですね。

 メニューは寿司以外にも、壁に色んな海鮮料理の品書きが貼られてあり、居酒屋にいる感覚にもなりました。

すし哲 - にぎり上すし哲 - にぎり中
すし哲 - 毛がに味噌汁すし哲 - ラフランスのシャーベット
すし哲 - メニュー
宿泊は塩釜のホテル旅館一覧
©東北を行け , 17rw