東北を行け
北かつ(ほっかつ)・まぐろ屋、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

北かつ まぐろ屋

(気仙沼・海の市店)
〒988-0037 宮城県気仙沼市魚市場前7-13 TEL.0226-24-7010
三色マグロ丼 1000円、Aランチ(ミニねぎトロ丼とたぬきそば)1000円
※2011大震災で休業 → 移転して「田中前店」をオープン
〒988-0053 宮城県気仙沼市田中前1丁目3-18
(地図変更済み、TEL.同じ)
北かつ・まぐろ屋 - 施設の外観北かつ・まぐろ屋 - お店の外観
北かつ・まぐろ屋 - 三色マグロ丼北かつ・まぐろ屋 - メニュー
 気仙沼湾の奥、海に面した魚市場の隣に、レストランや鮮魚市場が入る施設「海の市」というところができており、今日はその2F奥に少し控えめに構える「北かつ・まぐろ屋」へやって来たのです。

 気仙沼といえば「ふかひれ」ですが、何となくこの「マグロ丼」に惹かれて来てみたわけで‥。と、メニューは、マグロを基本とした定食や丼がほとんどで、その中から三色マグロ丼(赤身、びんちょう、ネギトロ)を頼むと、えっと思えるほどの速攻で運ばれてきたんですのよ~。

 して、見ると、白いご飯の上に刻み海苔を敷き、その上にシソの葉に乗せた大量のネギトロ、その回りには白身のビンチョウマグロ、それから赤身のマグロが飾られるように並べてありまして‥。で、食べてみると、どれも新鮮でおいしいのですが、その中でもビンチョウマグロが、普段食べないせいかとってもおいしく頂けましてね~。いや、たぶん、鮮度が良いのでしょう。また1000円でこれだと、かなり安く感じます。この丼、強いて要望をあげれば、ご飯を酢飯にしてほしいところ、ですかね~。

 蛇足ですが、刺し身丼を食べるとき、どうやって食べれば一番おいしいのかな~と、いつも悩んでしまいます。拙者の場合は、普通の刺し身定食と同じ
く1つずつ醤油に付ける食べ方になってしまい、丼の意味が無く、また取り皿欲しいみたいな‥。え、醤油を回しがけせよって? そりゃちょっと塩分取りすぎ~。

 あとは、店内はちょっとシャレた雰囲気で、また店員のお嬢さん達も、遠まわしな言い方ですが、ステキな容姿の方々でございましてね~。
2005.12

宿泊は気仙沼のホテル旅館一覧
©東北を行け 2005-18rw
投稿へ

北かつ まぐろ屋(気仙沼)


コメント

正月用マグロが不足 不漁で水揚げ少なく

 年末の書き入れ時を迎えた気仙沼魚市場だが、正月用のマグロ類が不足している。近海マグロはえ縄船の入港が予定されているが、漁獲物はメカジキが中心。頼りの水氷船の入港予定はなく、1番の需要期にマグロ類がほとんどない状態だ。
 「クリスマスから29日ごろまでが年間で最もマグロがほしい時期」(買い受け人)だが、25日から27日の水揚げ予定をみるとマグロ類は1日10匹未満で、28、29日の入港予定船はない。漁業情報サービスセンターによると、今年は全国的にマグロ不足という。

(投稿者 だんぽさん さん / 2013年12月27日)

北かつ(宮城県北部鰹鮪漁業協同組合)の所属する日かつ連(日本鰹鮪漁業協同組合連合会)の組織再編を機に、北かつも新しい組織に生まれ変わる(変わりたい)そうです。2006/04を目指しているらしいです。

(投稿者 ぞう さん / 2006年01月25日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。