東北を行け
加登屋食堂、突進レポ
Home > 山形の観光 >

加登屋食堂

(羽根沢温泉)
〒999-5205 山形県最上郡鮭川村大字中渡1312 TEL.0233-55-2084
中華そば 450円、みそラーメン 550円
加登屋食堂 - 通り加登屋食堂 - お店の外観
加登屋食堂 - 中華そば
 羽根沢温泉の奥の広場、「え、こんなところに食堂が‥」と思ってしまうシチュエーションの、「加登屋食堂」へ、何を血迷ったのか突撃することになりまして‥。

 新庄の北西、最上川の北の山中にある羽根沢温泉は、与蔵峠の登山口でもある山間の集落。来てみるとこれが思ったほどさびれた感はなく、明るい町にも見える小さな里なんですわな~。で、集落の奥には広場&無料駐車場(トイレ付き)があり、それを庭にするかのように数軒の旅館やお店が囲み、その中にこの加登屋食堂があったわけなのです。

 店内に入ってみると、外観のイメージとは違って程ほどに広い空間で‥。1Fはテーブル席、2Fに団体用広間があるようなんですね~。で、お決まりですが、壁には所狭しと(古い)有名人のサイン色紙が飾られておりましてね~。

 と、何を注文してよいか分らず、定番の中華そばを頼んでみますと、流石は”定番”、待つでもなく程なく出て参りましたのよ~。して、それは一見して普通のラーメンで、食べてみると魚だしの香りもありますが、いわゆる山形特有の鳥中華系の味が主で、ほんのり甘味も感じます。また独特な風味のメンマがアクセント。あれ、最初の不安はどこへやら、んー、意外とおいしゅうございましょ。

 まあ、わざわざ遠くから食べに来るほどではないのでしょうが、この近くに来たら、ここで食べても損はなし、の安くておいしい”中華そば”なのでありました。あ、ちなみに、やっぱり隣の加登屋旅館と同じ経営なのでしょうか。

 ‥余談ですが、向いの雑貨店にて、表に名物と掲げてある「みそまんじゅう」を所望いたしますれば、今日は取り寄せていないということ。残念。あれ? 取り寄せなんですか~。

宿泊は羽根沢温泉のホテル旅館一覧
©東北を行け , 18rw