東北を行け
そば焼肉ふくろう、突進レポ
Home > 山形の観光 >

そば焼肉ふくろう

(寒河江)
〒991-0041 山形県寒河江市大字寒河江字内の袋84-1 TEL.0237-85-6522
げそ天板そば 700円(お昼限定?)
そば焼肉ふくろう - お店の外観そば焼肉ふくろう - げそ天板そば
そば焼肉ふくろう - メニュー
 予定していた蕎麦屋さんに行ってみたところ、なんと今日は定休日と。ショックで投げやりな気持ちになりながら道を走っていたら、「げそ天・板そば」の看板が目に入り、思わず飛び込んでしまったのは「そば焼肉ふくろう」というお店。

 そこは外観もですが、玄関も一般民家風で、上がり込んで奥に進めば、どうも一般民家の座敷を開け放ってお店にしているもよう。で、名物が「肉そば、鳥中華、げそ天・板そば」と書いてありまして、今日はその中から、山形ではよく見かけながら、まだ食べていない「げそ天・板そば」を‥。

 少しして運ばれてきました「げそ天・板そば」は、見ると別皿に「げそ天」が山盛りになっており、メインの板の上には黒っぽい麺に黒い点々の付いた山形田舎そばが、投げやりなのか芸術的なのか、なんかそんな感じに盛り付けられているのです。

 つゆは濃い色合いで、カツオだしがプーンと香る、おいしいもの。更に、鶏ダレのつゆも、もう一品付いており、好きなように付けて食べるのだそうで‥。

 まず蕎麦から食べてみますと、これがやはり旨いのです。濃いつゆの香りも程よくマッチしていますね~。げそ天は鳥ダレに付けて食し、こちらもGOOD、食べ始めると止まりません。これがまた量が多すぎて、最後の方には飽きるほど~。でも、脂っこそうな「げそ天」の後味が、さっぱりサラサラなんですのよ~。

 これが700円なんて、考えられない‥。

宿泊は寒河江のホテル旅館一覧
©東北を行け , 18rw