東北を行け
金華楼 (きんかろう)、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

金華楼

(女川の食事処)
〒986-0022 宮城県牡鹿郡女川町女川浜大原504-18 TEL.0225-53-3366
うにラーメン 800円、タンメン 580円
金華楼 - お店の外観金華楼 - メニュー
金華楼 - うにラーメン
 海のすぐそば、女川港に面す30分無料駐車場前にある中華料理屋さん「金華楼」にやって参りました。店前に大きな文字で「生うにラーメン」と書かれた看板があり、思わず突撃してみたのです。

 その「生うにラーメン」に惹かれて入ったのはいいですが、結構いい値段だったもので、生ではない「うにラーメン」の方を頼んでしまいましてね~。面目ありませ~ん。

 出て来た「うにラーメン」は、塩味ではなく何故かしょうゆ味のスープで、たぶんワカメを練りこんだ緑色の麺に、蒸したウニが結構多く乗っております。で、スープを飲んでみると、地元独特のしゅうゆ味に、ウニの何ともいえない香りが混合し、個性豊かな味わいになっているのです。ウニが得意でない自分には、拷問とも‥。まあ、これが醤油ではなく塩味スープなら、三陸北部のイチゴ煮みたいになると思うのですけどね~。

 その他、季節によっては「ホヤラーメン」や「さんまラーメン」もあるようで、え、そんなのあり~?と‥。ほんで、辺りを見渡すと今日はここしか営業しておらず、なんだかお客さんが沢山押しかけておりましたのよ。

 うにゃー!

女川駅前の新店舗
宮城県牡鹿郡女川町女川浜字女川292番の4
 先日、近くへ行ったついでに寄ってみたところ、月曜日で休みになっておりました。そこは、駅前の商店街「シーパルピア女川」の中ではありませんが、女川の中心部の入り口に、そりゃ老舗らしく建っておりまするよ。

 ここは少しだけかさ上げしただけの場所。住居地域ではなく、人は住まない仕様なんだと思われます。まあそんなこともあるのか、少し小さめの店舗に見えるような‥。また、人気が出るといいですね~。

金華楼 - 新店舗
宿泊は女川のホテル旅館一覧
©東北を行け , 17rw