東北を行け
長沼フートピア公園、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

長沼フートピア公園

(登米市)
〒987-0513 宮城県登米市迫町北方字天形161-84 TEL.0220-22-7600
利用時間(当時) 6:00~21:00、食事処、キャンプ場もある
長沼フートピア公園 - 施設の外観長沼フートピア公園 - 長沼
長沼フートピア公園 - 風車長沼フートピア公園 - ローラー滑り台1
長沼フートピア公園 - ローラー滑り台2
 白鳥の飛来地で有名な伊豆沼の隣り、「えっ、伊豆沼の一部じゃないの~」と思える長沼へ。と、何となくその辺を車で走っていたら偶然見つけた、とても大きな公園、長沼フートピア公園に入り込んでいました。

 して、広い駐車場の隅には物産館等があり、その反対側の丘の上には大きなオランダ風の風車が‥。と、風車の羽根に布を張っていないところをみると、どうも飾っているだけのよう。それからその丘に上ってみれば、長沼の一望と、そよ吹く風が気持ち良く、とってもすがすがしくて‥。

 で、丘の上からは無料のローラー滑り台が下方に続いており、そこでは子供達が一生懸命に弾けるようにはしゃぎ、人生をすこぶる謳歌しており‥。と、試しにオッサン(私)もチャレンジしてみたところ、しゃがんで靴底で滑る体勢が、とても窮屈でたまりません。後から子供達が勢い良くスピードを上げ突進してくるもので、思わず飛び降りてしまいましてね~。‥高い所から飛び降りるなんて、ひっさしぶりぃ~。こ、腰がぁ。

 しばらくその様子を眺めていると、どうもダンボールを持参するのが定番らしく、最も準備の良いお母さんに至っては、段ボール箱にクッションまで詰めて持って来ているのです。怖いもの知らずの子供たちと、恐ろしさを知り過ぎた大人たちの葛藤が、そこにあるように‥。んー、口で言って聞かせてもダメなんですわな~、一度痛い目に遭わないと‥。‥ちゃんと管理人のオジサンもおりまーす。

宿泊は登米市のホテル旅館一覧
©東北を行け , 18rw