東北を行け
竜飛崎、眺瞰台、突進レポ
Home > 青森の観光 >

眺瞰台

(ちょうかんだい)
青森県北津軽郡中泊町北小泊山 TEL.なし
(駐車場・トイレあり)標高 約475m
眺瞰台・駐車場眺瞰台から - 松前小島
眺瞰台 - 景色眺瞰台から - 竜飛崎・北海道
 津軽半島を日本海側からぐるっと回って行くと、竜飛崎の手前の山の頂付近に、最近できたと思われる眺瞰台という展望所がありました。その駐車場から、きつい階段を上ると少し開けた広場があり、そこには小さいですがコンクリート製の展望台が設けられています。して、その眺めの素晴らしきこと~、この上ない眺望なんですのよ。

 見渡せば、南に岩木山、北は北海道、その西の海に浮かぶ松前小島、東は下北半島まで、まさに360度の大パノラマなのです。眼下には竜飛崎の灯台、風力発電のプロペラ群、人間の営みの景色も案外悪くはありません。

 ここへ来る道中、日本海側の道に(平日は)だーれもいない「道の駅・こどまり」があり、そこのレストランのメニューをのぞくと、海の幸のオンパレードで、とても興味がそそられました。まあ自分的には「荒磯ラーメン」が食べたいんですけどね。


竜飛崎

(たっぴざき)
青森県東津軽郡外ヶ浜町竜飛(駐車場・トイレあり)
 そこから山を降りて竜飛崎に行きますと、そこは、かの有名な観光地で、たくさんのお客さんでいっぱいなのです。灯台や階段国道が人気の的、などなど、まあ私が書くことでもないでしょう。
2007.09

メモ)
 津軽海峡トンネル(53Km)はトンネルの長さでは世界2位、海底トンネルでは世界1位。ちなみに3位はあのドーバー海峡のユーロトンネル(49Km)、1位はスイスアルプスを貫くゴッタルドベーストンネル(57km)なんですのよ。

p.s.
 竜飛崎を訪れ、あの歌謡碑(石川さゆりさんの名曲「津軽海峡・冬景色」)の赤いボタンを押すと、懐かしの名曲が流れるのですが、それがとてつもない爆音で、人々を困惑させていると話題になっているようですね~。2017.07

竜飛崎1竜飛崎2
竜飛崎 - 灯台竜飛崎 - 階段国道
宿泊は津軽半島のホテル旅館一覧
©東北を行け 2007-17rw
投稿へ

竜飛崎&眺瞰台(津軽半島)


コメント

津軽海峡・冬景色の曲は、阿久悠さんの作詞ですが、この曲、歌詞は後からできたそうなんですね~。作曲家の都倉俊一さんが言っておりました。驚いたと‥。

(投稿者 ぞう さん / 2018年03月03日)

吉田拓郎さんは「竜飛崎(たっぴざき)」という曲を歌っている。青森県津軽半島の北の岬である。6月に花咲きそろう遅い春。寒村に肩寄せ合って暮らす人々。北の情景の後にサビが続く。〈竜飛崎よ どてっ腹をぶち抜かれちゃったね〉

▼岬の地下を鉄路がぶち抜いた。全長54キロ、本州と北海道を結ぶ青函トンネルである。1988年に開通した。そして今日、北海道へ新幹線が走る

(投稿者 匿名 さん / 2016年03月26日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。