東北を行け
旨味太助、突進レポ
Home > 仙台の観光 >

旨味太助

(仙台牛タン)
〒980-0803 仙台市青葉区国分町2-11-11 TEL.022-262-2539
牛タン定食 1260円(写真の牛タンは2人前)
旨味太助 - 通り旨味太助 - お店の外観
旨味太助 - 牛タン定食旨味太助 - 牛タン
旨味太助 - メニュー
 仙台名物の牛タンは、喜助、利休、その他の名店で何度も食べておりますが、レポートを書いていなかったので、牛タン発祥の店、太助に突進してみることに致しました。

 一応、味太助のホームページでだいたいの場所を確認し、定禅寺通りから国分町の稲荷小路をテクテク歩いて行きますと、右手に「太助・本店」の看板が‥、よし、ここだぁ! 山から下りてきたもので、久しぶりの国分町に少し舞い上がった心持ち~。外にはこの店にお客さんを運んだと思われるタクシーが3台ほど止まっており、人気の程が一目瞭然なのでありました。

 店内に入ると、かっぷくのよい旦那さんと職人さん、そして威勢の良い(たぶん)女将さんと店員さんが、次から次に入ってくるお客さんを席に振り分け、活気に満ちた手際のよい光景が展開。店内は良い感じにひなびており、入ってすぐにカウンターで囲まれた焼き場、通路を隔てて小上がり座敷、あとは奥の方にも座敷が続いているようでありますね。あと、暖房と炭火焼きの熱で寒い冬でもとても暖かくて‥。

 席に着くとすぐ「定食ですかぁ?」と訊かれるので、流れるままに定食を注文致しますと、すぐに牛タン定食がやって参りました。ちなみに牛タン定食というのは(今は)オーストラリア産の牛タンで、他に値が張るアメリカ産の牛タンもございます。

 出てきたデッカイ牛タン焼きは、分厚いタンに数本の切れ目を入れて焼いてあるもの。その横には山盛りの白菜の旨い漬物、柔らかいネギと牛テールの入ったテールスープ、そして麦飯。牛タンは塩味の効いた濃い味のもので、それに七味唐辛子をたっぷりと振りかけて食べると、もうたまりません。テールスープも旨味が出るわ、出るわ、で最高ですね。

 見た目ワイルドな姿の牛タン定食ながら、味はしっかりと付けてあって申し分なく、量も値段も大満足、間違いなしでありました。これで生ビールを飲んだら一丁上がり、バタンキュ~ですね。

 「あー、今日は来て良かったなー」と満足しつつ家に帰り、いざレポートを書こうとしていると「あれ~、場所が違うみたい」とマネージャーの声が‥。
 そうなんです、行って来たのは「味太助」ではなくて「旨味太助」。太助の分店だったのです。分店でもよかったのですが、本店だと思って食べていたもので、そのショックたるや‥。

宿泊は仙台のホテル一覧
©東北を行け , 17rw